エンタメ

新宿時代はダメキャバ嬢でした――底辺キャバ嬢×オヤジ客対談<コラムニスト木村和久>

木村和久の「オヤ充のススメ」その212 ―

カワノアユミ・木村和久 「底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる」(イーストプレス)を上梓したカワノアユミさんを迎えての対談パート2。こちら側は、キャバクラ評論家として「50歳からのかろやか人生」(雷鳥社)を出しています。内容の多くはキャバクラに通う客の振る舞いを説明しています。というわけで、キャバクラ常連オヤジ客VS現役キャバ嬢の接客談義をしたいと思います。

キムラ:カワノさんって、新宿で長く働いていたんでしょう。どんな感じだったの? アフター大好きとか。

カワノ:実はダメダメキャバ嬢で、最初はよくクビになっていました。同伴とかも全然しなくてというか、デキなくて。

キムラ:メールとかしないの?

カワノ:さほどしませんね。だいたい誰も誘ってこないんですよ。

キムラ:え~可愛いじゃん。絶対モテるよ。

カワノ:そうですか? そういうときは、お客さんって、どうやってアプローチをするんですか。

キムラ:可愛い好みのコだったら、誉めて誉めまくるのみ。こんな美人見たことないよ。モデルやってない? 「キャンキャン」で見たような気がするんだけど。事務所はどこに入ってるの? もうすぐ有名人になるんだから、今のうちにサインもらっておこうかな、とかさ。

カワノ:うわ~凄い。なんか嘘でも言われると気持ちいいですね。じゃ、全く好みじゃないコが席についたら、なんて言うんですか?

キムラ:ねえちゃん、最近いつエッチしたの?

カワノ:うゎ~落差が凄すぎですね。(どん引き)

キムラ:最近はセクハラに対して厳しいから自粛してやってませんけど。昔は地雷系キャバ嬢には厳しかったよ。それはいいとして、カワノさんのダメっぷりはどうなのよ。

カワノ:私ですか。敵も作らないけど、味方も作らないというか。新宿は長くいたわりには、あまり覚えてないんですよね。

キムラ:それは、自分の居場所じゃないと思っていたからじゃないの。

カワノ:そうですね。そもそも人間関係ないですから、新宿時代は。

キムラ:つまり「ドラゴンボール」でいうところの「気」を消していたんだな。別な人格で生きてたのかも。それも処世術だよ。客側からしてみると、そういうキャバ嬢はとっつきにくいなあ。

カワノ:じゃ会っても指名しませんか?

キムラ:う~ん、10年前なら、外見で指名してたなあ。

カワノ:じゃ今は?

キムラ:話が面白いから、スナックのママとしては充分合格だよ。

キャバクラカワノ:ありがとうございます。でもあの頃は、楽しみといえば、よくホストクラブに通ってましたね。

キムラ:そうなの? オヤジ好きじゃないんだ。イケメンの若者が好きってこと?

カワノ:雰囲気が好きでしたね。ホストクラブって、初回が安いじゃないですか。だから初回荒らしばっかやってて、飲んでました。

キムラ:初回でもねえ。ホストクラブ行ってちゃ、お金が貯まらないよね。

カワノ:だから行き詰って、海外に逃亡したんです。

次のページ 
原稿だけで食べていけるようになりたい

1
2
3
50歳からのかろやか人生

体は枯れても頭の中は未だ現役気分、コラムニスト木村和久が贈る そんなバブル世代(50~60歳)へ向けた老後生活の道しるべ


底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる

やる気ゼロ、貯金ゼロ、計画性ゼロ。ポンコツキャバ嬢による、タイ、香港、シンガポール、カンボジア、ベトナムの「日本人向けキャバクラ」潜入就職&アジア夜遊び放浪記。


ハッシュタグ




おすすめ記事