辛い夏場もこれで乗り切れ! 橋本マナミがサラリーマンにタフマンチャージ!

サンプリングブース サラリーマンにとって、最も辛い季節である夏。通勤中はもちろん、外回り中など、滝のように流れる汗や強い日差しによって、知らぬ間に体力を消耗してしまうことも少なくない。

 そんなお疲れ気味な社会人たちを癒やすべく、6月26日金曜日早朝、浜松町にて、栄養ドリンクとしてお馴染みのタフマン3000本無料配布イベントが開催された。当日は、タフマンに加えて、現在タフマンとコラボ中の大人気漫画『孤独のグルメ』の番外編として、浜松町でタフマンチャージする井之頭五郎の『孤独のタフマン!?』の小冊子も限定配布された。

※同作は「週刊SPA! 6/30・7/7合併号」内にも収録
⇒『孤独のタフマン!?』はこちら

 しかも、そんな「タフマンセット」を配布してくれるのは、「平成の団地妻」「最も愛人にしたい女」のフレーズでもお馴染みの大人気グラビアアイドル・女優である橋本マナミさん。黄色いタフマンTシャツと白いショートパンツで、その見事な美脚を披露する橋本さんが、道行くサラリーマンやOLたちにタフマンを次々と渡していく。Tシャツ姿でもフェロモンを漂わせる彼女からタフマンを手渡された瞬間、疲労気味だったサラリーマンたちの顔にも笑顔が……。

橋本マナミ 早朝8時のスタート時は3000本あったタフマンだが、わずか2時間ほどで配布終了。まさに「日本で一番タフマンを配った女性」になった橋本さんに、サンプリングの感想を伺ってみた。

「以前からずっとサンプリングを体験してみたかったので、今日はすごく楽しかったです。ついテンションが上がり過ぎてしまって、いろんな人に目でじーっと訴えながら『もらってください』アピールをしまくってしまいました(笑)。男性から女性、若い方からご高齢の方まで、いろんな方が来てくれて嬉しかったです。

 とくに、日本の経済を回してくださっている日本のサラリーマンの方々。夏場の暑い時期にも早朝から頑張っているみなさんを見た瞬間、心の底から『本当にお疲れ様です!!』と言う気持ちがあふれてきました。このタフマンと私の『お疲れ様』が、ちょっとでもみなさんのパワーになってくれたら嬉しいですね」

 1980年の発売以来、サラリーマンにとってはお馴染みのタフマン。高麗人蔘が入った元祖栄養ドリンクだが、実際にタフマンを飲んでみたという橋本さん自身にも、その感想を聞いてみた。

「タフマンは高麗人蔘が入っているというところに惹かれますよね! 私自身、実は昨日は30分ぐらいしか睡眠時間がとれなかったんですけど、タフマンを飲んだらリフレッシュできました(笑)。これもタフマンのおかげですね。味もおいしくて、グイグイ飲めちゃう感じでしたね。オススメです。」

橋本マナミ◆実は真性肉食女子!? 橋本マナミ「男性がスーツを脱いでいく姿にグッときます」

 炎天下のなか2時間も続いたサンプリングの疲労感をまったくにじませず、女神のように微笑む橋本さん。

 いまやメディアでみない日はないほどの売れっ子として多忙を極める日々だが、そんな彼女の疲労回復法とは?

「疲れた時によくやるのは自転車に乗ることです。もともと身体を動かすのが好きなので、都内だったら仕事先まで自転車で移動することも少なくないですよ。気分転換になりますし、足に筋肉がつくので疲れにくくなりますしね。あとは、生肉を食べること! 私、お肉が大好きなんですけど、なかでも生肉が大好きで。ユッケや刺し身なんかもよく食べます。生レバーも大好きだったんですけれども、規制されちゃって本当に残念ですね……」

まさに真性の「肉食女子」である。そんな彼女に、グッとくる男性のタイプについて聞いてみた。

「私、そもそもスーツ姿の男性って大好きなんで、スーツだとそれだけで嬉しいですね。なかでも特に好きなのは、スーツのネクタイをグッと緩める仕草……。『男性がネクタイをビシッと締める姿がいい』っていう女性もいますけど、私はスーツを脱いでいく姿のほうがドキドキします(笑)。あとは、お疲れ気味の男性よりは、やっぱり元気でパワーがみなぎっている男性のほうがいいので、私のグラビアを見ながら、タフマンを飲んで、タフマンチャージしてもらいたいですね!」

 日本中のサラリーマンたちよ! タフマンと橋本さんのセクシーグラビアを片手に、なんとかこの辛い夏場を乗り切って欲しい!

※今回のイベントレポートは、本人の直筆サイン入りチェキのプレゼント企画付でSPA!7月28日発売に掲載予定

橋本マナミ サイン入りチェキ
⇒井之頭五郎にタフマンチャージ! 「タフマン」は皆の味方! 今日も“グルメ”にタフでいたい

取材・文/藤村はるな 撮影/難波雄史

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中