終わらない「JKビジネス」のいたちごっこ。口コミや紹介制でさらに過激に

「JKリフレ」や「JKおさんぽ」など、未成年による売春の温床とされ、かねてより問題視されてきたJKビジネス。

 ここ最近では、今年5月に労働基準法違反容疑で元経営者が逮捕された池袋の「JK折り鶴」が記憶に新しい。

 これまで、当局と経営者のあいだで法をかいくぐったいたちごっこが続いていたこの業界だが、最近ではビラ配り規制等もあり、秋葉原や池袋のJK系店舗のほとんどが未成年を雇うことをやめ「健全化」している。

 むしろ相次ぐ摘発により、JK系店舗の市場規模も、ピーク時の2012年から13年に比べて減少傾向にあるとも言われている。

◆アングラ化していたJKビジネス

摘発が相次ぐJKビジネスがコアな常連客頼みでアングラ化していた

画像は本文と一切関係ありません

 こうした背景もあり、沈静化したかに思われるJKビジネスだが、事態はむしろ悪化しているという指摘がある。

 都内某所。繁華街のどまんなかにある雑居ビルの某フロアで、看板を掲げないJK系の店舗がひっそりと営業していた。

 この店は、未成年と思われる女性がカーテンで仕切られた2畳ほどの個室内でリフレマッサージをするという形態をとっているが、常連客のコメントによると実態はより過激なようだ。

「客は僕を含めてすでに閉店したJK系の店の常連客がほとんどです。ネットの掲示板の情報をもとに、JK系の店舗の元経営者がこの地にひっそりと店を開いたのを知ったのはいまから2か月前のことでした」(常連客)

 常連客によると在籍数は30人以上、中には高校入学間もない年齢の女性もいるという。

 建前は「リフレ店」の形態をとっているものの、個室内に入ると、女性たちは本番やフェラなどの「裏オプ」を平気で持ちかけてくるのだという。

 店の在籍女性のほとんどは、閉店したJKリフレ店の女のコたちで、客もそこの常連客。女性たちは友達の紹介でこの店の存在を知り、バイトを始める。つまりこの店、在籍女性も紹介制、客も口コミや常連客の紹介制をとっているアングラ化したJK店と言える。

 当局の監視が厳しくなった結果、JK市場がアングラ化してより過激なサービスを提供する店が現れ始めているのは皮肉以外の何物でもない。今後も、こうしたいたちごっこは終わらないのだろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中