松井珠理奈が選ぶ期待の後輩メンバーとは? ご褒美イベントでSKE48が躍動する

 SKE48が出演する東海ラジオ「SKE48 1+1は2じゃないよ!」の公開録音イベント「やっと実現したぜご褒美企画!大矢真那と松井珠理奈がスペシャルライブやっちゃうぜ大作戦」が9月28日、中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)で行われ、大矢真那、松井珠理奈、斉藤真木子、須田亜香里、矢方美紀、北川綾巴、熊崎晴香ら7人のメンバーが出演した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=951190

大矢真那と松井珠理奈がスペシャルライブやっちゃうぜ大作戦

写真奥より矢方美紀、斉藤真木子、須田亜香里、大矢真那、松井珠理奈、北川綾巴、熊崎晴香

 今回は2年前に同番組内のゲームで大矢と松井が優勝し、「ご褒美」として獲得した「好きなことができる権利」を行使するというもの。2人の希望はスペシャルライブの開催で、「2人がセットリストからスペシャルゲストメンバーまでを完全プロデュース」(大矢)した。なお、この収録内容は10月12~16日の21時30~40分に東海ラジオ(インターネットサイマル放送radikoにも対応)で放送される予定だ(野球中継等で変更の可能性あり)。

 ステージ裏から円陣の掛け声が響くと、来場したファンのボルテージは一気に上昇。1曲目は空港という場にマッチした「青空片思い」を歌唱。続くMCで大矢は、最近は機会が減った劇場外ライブができることを喜ぶと同時に、そんな久しぶりのステージには「一緒に長くいるメンバーと立ちたい」と考え、斉藤、須田、矢方を指名したと説明。いっぽう、松井は「とにかくカワイイ」ことに加え、「SKEの未来が感じられるメンバー」として北川と熊崎を選んだと述べた。松井の高評価に熊崎は「憧れの珠理奈さんにそんなこと言ってもらえて、もう夢のようです」と気が動転したように答え、笑いが起こった。

 次のコーナーでは大矢、松井がソロで歌を披露。まず、松井がやや意表を突いてチームKⅡの「愛の数」(SKE48の5thシングル「バンザイVenus」C/W曲)を熱唱。ジブリのアニメが好きな大矢は48グループ楽曲ではない、「ルージュの伝言」(「魔女の宅急便」主題歌としても有名な荒井由美、現在の松任谷由美の楽曲)をかわいらしく歌った。

 続いて「年上メンバーの魅力」をテーマに大矢、斉藤、須田、矢方がトークを展開。大矢が「若いコには出せない大人の色気がある」と主張すると、すかさず矢方から「それを真那さんが言う?」と突っ込みが入り、一同は盛り上がる。実際に「出して」と斉藤から頼まれた大矢は「今、出てる」とドヤ顔でポーズを決めた。そこを斉藤が「今はステージだからみんな見えてるけど、それ、ラジオだと一切、伝わらないからね!」と切って捨て、会場は大爆笑となった。

大矢真那と松井珠理奈がスペシャルライブやっちゃうぜ大作戦

松井珠理奈に選ばれた北川綾巴(左)と熊崎晴香(中)

 その次は打って変って「年下メンバー」が4曲目「ウィンブルドンへ連れて行って」(ピンク=熊崎、ブルー=松井、イエロー=北川)を披露。直後のMCではタイトルにちなんで「デートで連れて行ってほしい場所」がお題となり、3人それぞれがかわいらしい回答や「萌え台詞」でファンの歓声を存分に浴びた。松井がこの日、緊張で噛みながらもノリノリのトークで盛り上げる熊崎に対して「ねぇ、熊ちゃんてめっちゃ、しゃべるんだね」と指摘。松井のこの「発見」に内心、同様の感想を抱いていた会場のファンからは大きな拍手が注がれた。

 そして5曲目「ガラスのI LOVE YOU」で年上メンバーの4人がピンクのフリフリ衣装を着て、ステージを飛び跳ねると会場は異様な熱気に包まれ、盛り上がりは最高潮に。パフォーマンスを終えて登場した斉藤が肩で息をつきながら「もう、ほんと、無理」と言えば、矢方が「斉藤真木子さん、裏で『真木子の試練、これは真木子の試練』とずっと言っていました」と暴露して、会場からはどっと笑いが起きる。「ウィンブルドン」の年下メンバーに対抗して「カワイイで勝負したかった」、「この曲はやったことがなかったのでやりたかったの」とはしゃぐ大矢。それに付き合わされたかっこうとなった斉藤は迷惑そうに、「もう(大矢の)やりたい放題ですよ」と呆れながらも楽しげだった。

大矢真那と松井珠理奈がスペシャルライブやっちゃうぜ大作戦

残り2人となった1期生コンビでの歌唱披露

 6曲目は今日の主役である大矢、松井の「寡黙な月」でほっこりとした雰囲気に。会場からの質問コーナーでファンと身近に交流したあとは「オキドキ」、
そして過去、歌唱披露が少なかったという「I love AICHI」(16thシングル「12月のカンガルー」C/W曲)という地元らしい曲で締めくくった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=951186

<取材・文・撮影/竹内一晴>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中