スポーツ

ビンスとフレアーの密室ネゴシエーション――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第113回

WWEオフィシャル・マガジン

リック・フレアーは、WWEとの契約交渉の段階でいくつかの“条件”をビンス・マ クマホンに提示したとされる。(写真はWWEオフィシャル・マガジン表紙より)

 ビンス・マクマホンとリック・フレアーの“密室のネゴシエーション”がはじまった。

 ふたりが最初に顔を合わせたミーティングの場所は、コネティカット州スタンフォードのビンスの自宅だった。ノースカロライナ州シャーロットからニューヨークにやって来たフレアーは、ラガーディア空港でリムジンの出迎えを受け、そのまま約1時間、車内でカクテルを飲みながらフリーウェイを移動。

 ビンスのお屋敷のゲスト用ダイニングルームでは、お抱えのシェフが昼食の準備をしていた。それは、1990年代前半、ニューヨークのビジネスマンのあいだで流行した“パワー・ランチ”と呼ばれるおもてなしの方法だった。ビンスとフレアーはいっしょに食事をしながら、おたがいに率直な意見を交換した。

 WWEとの契約をまえに、フレアーはビンスにいくつかの条件を提示した。それは“リック・フレアー”以外のリングネームを使うつもりはないこと、“リック・フレアー”のキャラクター設定にはいっさい手を加えないこと、WWEは“リック・フレアー”にメインイベンターとしてのポジションを確約すること、契約書のなかに“途中解約”の権利を盛り込むこと、の4点だった。

次のページ 
ハーリー・レイスはWWE在籍時代…

1
2
3




おすすめ記事