スポーツ

ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード14=エミリーの司法取引――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第167回

筋肉 弁護側のジェリー・マクデビットWWE顧問弁護士は、ファインバーグ氏の証言のあいまいな部分にメスを入れた。

――あなたは、ビンスからホーガンへのステロイドの流通は6回か7回、とはっきり証言しましたね。

「イエス」

――1988年6月18日、1988年7月21日、1988年12月21日にもザホリアン医師からビンスに宅配便が届きました。これらのパッケージの中身はやはりステロイドで、あなたが電話でザホリアン医師に発注したものですか?

「わかりません。思い出せません」

――それでは“4・13パッケージ”はあなたが発注したものですか?

「はっきりとはおぼえていません」

――箱の中身は見ましたか?

「見ていません。いつもビンスが自分で箱を開けていました」

――ビンスはあなたの目の前で箱を開けて、ステロイドを分けた?

「わかりません」

――この箱から出てきたステロイドは、ホーガンの手元に届けられた?

「その箱だったかどうかはわかりません」

――ビンスの専属ドライバーだったジム・スチュワート氏がホーガンにステロイドを届けたのですか?

「その箱だったかかどうかはわかりません」

――あなたは大陪審で「ホーガン用のステロイドをザホリアン医師に発注したのは3回」「ビンスがステロイドを自分用とホーガン用に分けているところを見た」「ビンスの運転手がホーガンにステロイドを届けた」と証言しました。3回が6、7回に変わったのはどうして? スチュワート氏はほんとうにホーガンにステロイドを届けたのですか?

「わかりません」

次のページ 
“10・24パッケージ”についての質問

1
2
3





おすすめ記事