ニュース

闘病中の松方弘樹の訴えは届くのか?「マグロを守ってくれ…」



クロマグロが食べられなくなる日が迫っている!?


 では、松方氏が問題視していた「巻き網漁」とは何か。水産資源問題に詳しい勝川俊雄・東京海洋大学教授は、こう話す。

マグロ

産卵マグロ群を一網打尽にする巻網漁は鳥取県境港が拠点。乱獲で水揚げされた母親マグロは市場価値が低い

「今から12年前の’04年から巻き網船は最新鋭の魚群探知機を使って、夏場に産卵で海面近くに上がってくるマグロの魚群を待ち構え、一網打尽にする漁法を日本海で始めました。その結果、それまであまり獲られることがなかった産卵期のマグロが大量に獲られることになったのです」

 巻き網漁は、1000m以上の網を広げ、その中の魚を種類や大きさにかまわず、一網打尽にする乱獲漁法だ。水産資源に優しくない漁法の代表的手法である。もともと巻き網船はアジやサバやイワシを主に獲っていたが、これらの魚種が乱獲で減少してきたため、マグロやブリなどの他の魚まで獲るようになったのだ。

 今年も1800tのマグロが一網打尽にされている。結果、マグロ全体の数は激減してしまっている。

 今年4月、ISC(北太平洋クロマグロ類国際科学委員会)が最新のクロマグロの資源評価を発表した。

 ’14年の親魚資源量は1万6557tで、漁をしなかった時代の「初期資源量」の2.6%しか残っていないことが判明したのだ。

 これは「クロマグロ枯渇」もありうる事態で、このままでは絶滅危惧種の国際取引を制限する「ワシントン条約締約国際会議」(’16年に開催予定)で輸出入の規制対象種に加えられる可能性は高い。そうなれば、クロマグロが食べられなくなる日が訪れても不思議ではないのだ。

取材・文/横田 一
― 闘病中の松方弘樹が訴える「マグロを守ってくれ……」 ―

1
2





おすすめ記事