ニュース

闘病中の松方弘樹の訴えは届くのか?「マグロを守ってくれ…」

 産卵マグロ群を一網打尽にする巻き網漁の「乱獲規制」を訴えてきた松方弘樹氏がガンで闘病中。「面会謝絶」との報道もあるが、鳥取県境港を拠点とする巻き網漁は今夏も繰り返された。病床の松方氏の訴えは届くのか?

クロマグロが食べられなくなる!? 松方氏必死の訴え


松方氏

300㎏超の巨大マグロを釣り上げた松方弘樹氏。マグロの資源保護を訴え続けている

 俳優の松方弘樹氏が巨大マグロを2年連続で釣り上げて、大きな話題になったのは’09年11月22日のこと。山口県萩市の離島・見島で開かれていた「萩クロマグロトーナメント」で、300kgを超える巨大マグロを釣り上げ、2年連続の優勝をしたのだ。2日後、築地市場に空輸されたマグロは、昨年に比べて2倍の約437万円(1kg1万5500円)で競り落とされ、ワイドショーなどで盛んに紹介された。

 SPA!は当時、松方氏の優勝当日の夜にインタビューを行ったが、そこで語られたのは優勝の喜びよりも「『巻き網漁』を規制強化すべし!」という訴え。マグロを、そして海を愛してきた松方氏ならではの熱い気持ちが吐露された。

 そんな松方氏が現在、病床に伏しているという。今回、改めてインタビューを申し込んだものの、面会謝絶とのことで、直接話を聞くことはかなわなかった。だが、松方氏の「マグロを守ってくれ」という思いは並々ならぬものがあった。

 マグロ問題に長年取り組む「グリーンピースジャパン」の広報担当者(当時)もこう振り返る。

「松方さんはマグロ保護のキャンペーン動画の制作に協力してくれました。声優として解説する役を買って出てくれたのです」

 松方氏自身、健康だったときにこう語っている。

「人間の力で釣り上げるマグロ一本釣りは獲る量はたいしたことはなく、水産資源に優しい“エコ”な漁法なのです。それに比べて産卵期の魚や小さい魚を根こそぎ獲る『巻き網漁』は魚の枯渇につながる。水産資源に優しくない乱獲漁法なのです。海外30か国以上で釣りをしてきましたが、規制が厳しい国では魚が獲れますが、乱獲を放置している国では魚が枯渇する違いがあります。日本も海外並みの規制強化をすべきです」

次のページ 
クロマグロが食べられなくなる日が迫っている!?

1
2




おすすめ記事