ニュース

2011年[政界の迷言大賞]はやっぱりあの親子

「やっぱり天罰だと思う」「流れでお願いします」など、2011年もいろんな人がいろんな場面でいろんな迷言・珍言を吐きました。というわけで、政治家たちの発言から、三面記事的事件の容疑者たちのコメントまで、全部まとめてご紹介。爆笑&苦笑しながら激動の2011年を振り返ろう!

【政治・経済部門】

 よくも悪くも、その発言が常に注目されちゃうのが、石原慎太郎都知事。東日本大震災について、「日本人のアイデンティティは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と言い放ち物議を醸すも、その後の都知事選で圧勝。ちなみに、息子の石原伸晃自民党幹事長は、イタリアの国民投票で過半数が原発反対だったことや日本でのデモなど、さまざまな反原発の動きについて、「集団ヒステリー状態になるのはわかる」と発言した。蛙の子は蛙か。

 都知事選といえば、ずっと出馬しないと言い続けた石原氏は「君しかいない」と、松沢成文神奈川県知事(当時)を後継指名。ところが一転、出馬表明をしたときのセリフが「1人の大事な友人より大事な東京を失うわけにはいかないということ」。裏切られた大事な友人・松沢氏は出馬を断念。その後、吉本興業グループに所属すると発表した会見で、同席した西川きよし氏に「吉本入ったら、新喜劇に出てコケてもらわなあきまへんで」と振られ、「私生活はコケっぱなし。この前も選挙に出ようとしてコケちゃいました」。つーか、“コケにされた”が正しい気も。

 ほかの都知事選候補者もナイスな言葉を発している。選挙戦初日に高尾山の老舗そば屋で舌鼓を打った渡邊美樹氏は「行く先々でおいしいものを食べて選挙を楽しみたい」。和民にも寄ったか? 出馬会見で「当選するまで出続ける」と言ったのは、今回が5回目の挑戦となったドクター・中松氏。参加することに意義があるってか!?

― 2011年[迷言・珍言グランプリ]【1】 -

ハッシュタグ




おすすめ記事