ニュース

「生活苦しい奴声上げろ!」貧困バッシングに怒る名古屋の若者たち

 先月18日に放映されたNHKのニュース番組に登場した女子高校生へのバッシングがネット上で過熱した。経済的な理由から専門学校への進学を諦めた女子高生の部屋にアニメグッズがあったり、アーティストのライブに行ったりしていることが判明。その結果、「この女子高生は貧しくない」と批判する声が続出した。この「貧困バッシング」をきっかけに、貧困や貧困バッシングに関する記事が連日配信されている。

 そして、先月28日、名古屋駅前で、最低賃金を時給1,500円にするよう求める若者のグループ「エキタス 東海」のメンバーらによって、「貧困叩きに抗議する名古屋駅前緊急大街宣」が行われた。27日、東京の中心部である新宿では若者ら400人や作家・雨宮処凛らが集結するなど盛り上がりをみせた「貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ」だが、地方都市・名古屋の若者の「貧困バッシング」への関心はどうなのだろうか。

「にっぽんど真ん中祭り」開催中の名古屋駅前は人で溢れかえっていた。その人ごみに埋もれるように、「エキタス 東海」のメンバーら20名ほどがプラカードを持って立っている。プラカードには、「貧困バッシングを許さない」「生活苦しいヤツは声あげろ」「富の再分配」「守れ憲法25条」「最低賃金は¥1,500」「片山さつきは議員を辞めろ」「NO残業代ゼロ」と書かれていた。

「最低賃金1,500円を訴えるプラカード」。買い物や祭り目当てで名古屋駅に来ていた若者たちは、物珍しそうに街宣を見ていた

 主催者「エキタス 東海」メンバーによる街宣開始の挨拶を皮切りに、1人ずつ集団の前でマイクを使ったスピーチが始まる。トップバッターの31歳男性は、今回の貧困バッシングに対して、「ネット上での人権侵害が無視されている」と主張。さらに、NHKの番組に登場した女子高生に、「チケットやグッズ、ランチ節約すれば中古のパソコンは十分買える」とツイートした片山さつき国会議員へ、「分断をつくる政治家は政治家を辞めてもらいたい」と抗議した。

次のページ 
小5の女の子が七夕の短冊に『普通に生きたい』

1
2
3




おすすめ記事