恋愛・結婚

キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を[コラムニスト木村和久]

 なんで札幌はちょっと濃厚なサービスになるのか。それは出張&観光の街だからです。札幌のススキノで遊ぶ人の多くは、本州からやって来るケースが多い。そこでは限られた時間しかない。「また、キャバクラに通ってね」と言われても、明日は東京に戻らねばならない。じゃ短い時間で、できるだけ楽しく過ごして欲しいという思いから、サービスが過激となる。ゆえに札幌のセクシーキャバクラ、風俗の数は他の地域に比べて、異常に多いのです。  そんなわけで、日常遊び行く店としては、日数がかかるから、正統派のキャバクラを除外したい。じゃガールズバーはどうなのよ、安くて可愛いコが多いというじゃない。確かに美人女子大生みたいなのはいますが、そこでは何回通っても、何も起きません。しかも「わたし、キャバ嬢じゃないんだから」と塩対応するコが多い。何も起きないでいいなら行けばいい。ただそれだけです。  方向性としては、1回だけフラリと行くなら「セクシーキャバクラ」か、「風俗」かという選択になります。いきなり風俗は敷居が高いので、ディープなサービスに慣れていく意味も含め、セクシーキャバクラを勧めます。セクシーキャバクラは営業形態としては飲食店の部類に入ります。ですからセクキャバ嬢は、「風俗嬢と違うのよ」という、微妙なプライドを持ってます。そこをくすぐると、いいことがあるかもしれませんって、安いプライドやなあ。  サービス内容としては、だいたい40分で7000~8000円ぐらいでしょうか。20分ごとに女のコが変わるシステムが多いです。普通に飲んでいると、突如店内が暗くなり、アゲアゲのBGMが大音量で鳴り響きます。これが5分ほど続くダウンタイムで、そこでは女性が膝の上に乗り、上半身ポロリ、ベラカミのチューと生乳揉み放題にありつけるわけです。最初は感動しますよ、でも何回か通ううちに、その中途半端さが、嫌になって来ます。パンツの方に手を伸ばすと、「そこはダメよ~」って言われますから。しかも40分と時間が短いので、延長と指名を繰り返すと結構なお金になるので、だったら風俗に行った方がいいと思ってくる。セクシーキャバクラは中途半端で、満足度が半分です。ロシアのプーチン大統領の言葉を借りれば「どちらにも圧倒的な勝ちはない。柔道でいうところのヒキワケだ」という気分ですか。
木村和久

木村和久

 ちなみに10年ぐらい前の六本木には、キャバクラと風俗を足した店がありました。普通に美人キャバクラ嬢と飲んでいると、「そのコ気に入った?」と聞かれて、「あ~ハイ」というや、なんと別の個室に連れて行かれて、スペシャルなサービスを受けれたのです。この予想外の展開は、接待でウケまくり。ここに連れて行けば、どんな商談もまとまると言われました。まあ、違法ギリギリのサービスだったので、程なく消えましたけど。  というわけで、気取ってキャバクラで飲んでるバヤイではありません。お尻に火がついてますぞ。お小遣いの減ったおやじはセクシーキャバクラで、まずはワンセット体験するがよろしい。そこでも癒されない方は、いよいよ「諭吉で大満足の風俗」というわけですが、そちらの案内はしばし、お待ちを。お客さん、楽しく遊べる方法、たくさん知ってますぜ。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事