スポーツ

ザ・リングマスターは未完のプロジェクト――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第203回(1995年編)

WWEオフィシャル・パブリシティ・フォト

“リングマスター”なるキャラクターでWWEデビューした当時のスティーブ・オースチン。右側はマネジャーの“億万長者”テッド・デビアス。“ストーンコールド”に変身する3カ月まえの貴重なパブリシティ写真(WWEオフィシャル・パブリシティ・フォトより)

 スティーブ・オースチンがWWEと正式契約を交わしたのは1995年12月。

 オースチンはテキサス州ダラスで“ジェントルマン”クリス・アダムスからレスリングの指導を受け、1989年12月、ダラスWCCWとテネシーUSWAが合併した直後のダラスUSWA(ジェリー・ジャレット代表)でデビューした。

 1991年5月、WCWのエグゼクティブ・プロデューサーだったダスティ・ローデスのブッキングで同団体と契約。WCWには約4年間在籍したが、1995年6月、日本をツアー中(新日本プロレス)に上腕三頭筋を負傷し故障者リスト入り。そのままWCWを解雇された。オースチンをクビにしたのはエリック・ビショフ副社長(当時)だった。

 フリーエージェントとなったオースチンは、ポール・ヘイメンECWプロデューサーの誘いでフィラデルフィアのインディー団体ECW(エクストリーム・チャンピオンシップ・レスリング)にやって来た。

次のページ 
当時のECWの主力メンバーは…

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事