デジタル

アップル公認!若者を虜にする流線型で美しいヘッドホン

 ライブさながらの高音質を体感できる「ハイレゾ」や、従来のジャックを廃止したiPhone7など、激変する音楽シーン。これからはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンがくる! そこで、東名阪に展開するヘッドホン専門店、e☆イヤホン広報・松田信行氏にオススメの3つのワイヤレスヘッドホンを厳選。

h.earon Wireless NC/ソニー
MOMENTUM Wireless/ゼンハイザー
・studio wireless/Beats by Dr. Dre

 今回はその中から1つ、「studio wireless/Beats by Dr. Dre」を紹介。それぞれのヘッドホンにそれぞれの得意分野がある。自分の嗜好や用途に照らし合わせて、満足のいく逸品をゲットしてほしい。

アップル公認、洗練されたデザインで若者を虜にする


studio wireless/ビーツ

studio wireless/ビーツ

 ビーツ『studio wireless』が誇るのは、そのデザイン性。アップルの公式ヘッドホンとなっていることからもそれは見てとれる。魅せるヘッドホンならこれしかない!?

「流線型で美しいボディはやはり他のヘッドホンよりデザイン的に一歩抜きんでています。デザインだけでなく、音質も負けていません。ビーツが独自に開発したDSP(デジタル・サウンド・プロセッサ)、Beats Acoustic Engineを搭載。これこそがビーツサウンドといえる音質を再現しています」(松田氏)

studio wireless/Beats by Dr. Dre

studio wireless/ビーツ

studio wireless/ビーツ

洗練された曲線のためにネジをすべて隠すように設計。また、人間工学に基づいたシングル・フローティング・ピヴォット機構により、どんな頭の形にでもフィットする

実勢価格:3万9740円前後
Bluetooth:対応
ハイレゾ音源:未対応
重さ:約260g
折りたたみ:可能
駆動時間:最大20時間
その他:ノイズキャンセリング機能

⇒【写真】はコチラ(撮影モデル・紗英のアザーカット集)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1225315


撮影モデル/紗英(講談社「ミスiD2017」ファイナリスト)@0916_sae
取材・文/神田桂一 北村篤裕(本誌) 撮影/山川修一(本誌)

Beats by Dr.Dre Studio Wireless

全てを兼ね備えたヘッドホンがワイヤレスに




おすすめ記事