デジタル

イヤホンよりやっぱりヘッドホンがいい? 3万円で専門家が見立てた[才色兼備ヘッドホン]

 ハイレゾ音源対応か? 長時間バッテリのワイヤレス機か? それとも……。高機能かつハイデザインのヘッドホンが続々と登場するなか、3万円もあれば買えてしまう現実的な高コスパヘッドホンをプロが厳選した。迷わず買うべし!

高音質とデザイン性を兼ね備えた至高の逸品!


 ワイヤレスイヤホンの需要が急激に高くなっている昨今だが、e☆イヤホン秋葉原店の松田信行広報戦略室長によると「ヘッドホンも著しい変化を遂げ、市場も拡大中」だそうだ。安くはない買い物だけに慎重に選びたいが、一体どの製品を選べばいいのだろうか? 松田氏がまず紹介したのが、ソニーの「MDR-1AM2」だ。

[才色兼備ヘッドホン]

【ソニー MDR-1AM2】

「名機として名高いMDR-1Aの後継機種です。最高の音質を継承し、さらなるパワーアップを実現。中高音域はさらに艷やかに、高音域はなめらかに、それらが元来の低音域の良さと相まって音質全体がグンと向上しています。さらなる軽量化と高い吸放湿性も実現しているため、長時間使用しても快適なつけ心地が続きます」

 ハイレゾ対応したこのレベルの音質を聴けるヘッドホンが、3万円以下で買えるのはなんともありがたい話だ。また、ヘッドホンといえば有線タイプが一般的だが、もちろんワイヤレスタイプも進化を遂げているという。

[才色兼備ヘッドホン]

【ソニー MDR-1AM2】

【ソニー MDR-1AM2】
低反撥ウレタンフォームを採用した立体成形イヤーパッドによって、柔らかく頭の形にフィットしやすくなり遮音にも寄与。特殊な加工を施した合皮を使用し高い吸放湿性も実

店頭価格:2万9040円(税込)
重量:約187g
コードの長さ:約1.2m

次のページ 
連続再生時間約40時間のタフネスさ

1
2




おすすめ記事