スポーツ

故郷アズベリーパーク――フミ斎藤のプロレス読本#066【バンバン・ビガロ編エピソード1】

故郷アズベリーパーク――フミ斎藤のプロレス読本#066【バンバン・ビガロ編エピソード1】

これがNYの有名ディスコ「スタジオ54」でおこなわれたビガロのデビュー戦。このイベントをプロデュースしたのはなんと若き日のポール・ヘイメンだった。ビガロが抱っこしているのは、シンディ・ローパーのそっくりさん(Photo Credit:CageNakayama)

 ビガロが運転する4WDのトラックで町のなかを走っていると、すれちがう車のほとんどがクラクションを鳴らしていく。こちらに向かって手を振る子どもたちもいる。 「この町じゅうの人たちがオレを応援してくれてるんだ。アズベリーパークから出た成功者はブルース・スプリングスティーンとオレだけなんだとさ。トム・クルーズ、ジョン・ボンジョヴィ、ジャック・ニコルソンなんかがとなりの町の出身なんで、みんなカリカリしてるんだ」  トム・クルーズ? ボンジョヴィ? ジャック・ニコルソンだって? なんなんだろう、この町は。スプリングスティーンとビガロだけだって? 「成功するためにはな、この町から出なくちゃいけねえんだ。なあ、ニューヨークなんてそぐそこじゃねえか」  車はあっというまに裏通りのタトゥー・パーラーのまえに着いた。看板には“ボディー・アート・ワールド”と記されている。  オーナーのジーンさんが出迎えてくれた。両腕、両肩、首の両側(たぶん背中もおなかも)にさまざまな模様のタトゥーがびっしりと彫られているけれど、コワい感じではなくて、やさしそうな目をしている。年齢は40代後半から50代前半くらいだろうか。どちらかといえば芸術家タイプなのだろう。  ビガロがこのショップで初めてタトゥーを彫ったのは16歳――ビガロのコメントによれば――のときだった。どう考えても、フツーの高校生ならそういうことはしないだろうけれど、スコット少年はいきなりひとりでジーンさんを訪ねたのだという。  アルバイトをしてお金を貯めては、数カ月にいちどずつここへ来て、アートの数を増やしていった――。ビガロとジーンさんはかれこれ15年くらいの付き合いになる。 「日本では入れ墨はマフィアのシンボルみたいなもんなんだろ。こっちでは、あくまでも体のアクセサリーなんだぜ」  ビガロは、イーストコーストのタトゥー・カルチャーをできるだけわかりやすく解説してくれようとした。ビガロのよこでニコニコしていたジーンさんは、ビガロがマフィアという単語を出したとたん“プッ”と吹き出した。  たしかに、両腕に碇(いかり)の入れ墨があるポパイはセーラーマンであってマフィアではない。頭のてっぺんに彫った炎のタトゥーがビガロになんらかのパワーを与えていることは事実なのだろう。  “ボディー・アート・ワーク”を出て町の中心まで来ると、ビガロが「“ストーン・ポーニー”に寄っていこう」といい出した。  “ストーン・ポーニー”という酒場は、ビガロがプロレスラーになるまえにバウンサー(用心棒)として働いていたところで、毎晩のようにライヴバンドの入るにぎやかなお店だ。その夜は、元イーグルスのジョー・ウォルシュのライヴがあるという。  一瞬、耳を疑った。こんなちいさなライヴハウスで本物の“ホテル・カリフォルニア”が聴けるかもしれないのだ。ジョー・ウォルシュは、1970年代のスピリットを布教してまわるロックの伝道師である。  真っ昼間からビールを飲まされたせいか、いちどにいろいろなものを目撃しすぎたせいか、頭がボーッとしてきた。  アズベリーパークはイーストコーストのちいさな港町。「成功したければ町を出ることだ」とビガロは語った。
斎藤文彦

斎藤文彦

 ニューヨークは、近いような遠いようなビミョーな距離だ。乾いた潮の空気が顔にぶつかった。(つづく) ※文中敬称略 ※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ
1
2

⇒連載第1話はコチラ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。





おすすめ記事