雑学

“新たな自分に出会える”スピリチュアル体験BEST5 霊感ゼロ、疑り深い人にもオススメ

 年のはじめに気になるのが今年の運気。“スピリチュアル”の力を借りて、これまで見たことのない“自分”を知るのも一興だ。そこで、多数の霊能者や占い師への取材を行う漫画家・流水りんこ氏に“新たな自分に出会える”スピリチュアル体験を聞いた。

護摩修行

朝から一日に何度も行われる高幡不動尊金剛寺の護摩修行。「信心深くない人でも、揺れる炎を見ていると自然と心が落ち着いてくる。リラックス効果もありますね」 住所:東京都日野市高幡733 電話:042-591-0032

「私自身は霊感もゼロですし、かなり疑り深い人間だと思います。ただ、長年の取材を通じて、スピリチュアルは、俗世の理屈やしがらみを超えて真剣に自分と向き合う場として有効だと感じます。今の時代は、24時間誰かと繋がり、自分の時間をなかなかつくりづらいもの。そんな中、ひとりで過ごす時間を作るのならば、スピリチュアルな体験を通じてじっくり自分を見つめ直してみてはどうでしょうか」

 あまたあるスピリチュアルのなかで、まずは最も初心者が飛び込みやすいのは「占い」だという。

「男性は『占い』と聞くと身構えるかもしれませんが、本来は統計学的側面が強く、古くから占い師は為政者の軍師として仕えてきました。多種多様な占いがありますが、今の自分を見つめ直したいのなら人相学や手相がおすすめ。中でも、人相学の第一人者の天道春樹先生は、私自身、座った瞬間に夫の病気や私の悩みを言い当てられて、驚きました」

 そして、マッサージ感覚でも受けられるのが、インド発祥の伝統医学であるアーユルヴェーダ。

「オイルを塗った手で自分の全身を丁寧にくまなく触ってもらう行為自体がその人の心を癒やしてくれます。赤ん坊に戻った気持ちで、他人の関心を全身で受け入れる気持ちよさを体験してほしいです」

 雑念が入れば、せっかくの貴重な時間が無駄になる。不思議な体験を通じてじっくり己と向き合うために、ぜひとも有効活用していただきたい。

<自分を見つめるスピリチュアルBEST5>

1位 天道春樹先生の人相鑑定
天道春樹は、東京や大阪などで定期的に鑑定を行う人相学の第一人者。サイト「天道春樹の人相術」からコンタクトを

2位 高幡不動尊金剛寺の護摩修行
護摩修行とは寺内で護摩木を炎にくべながら焚き祈祷をするという、密教における厄払いのひとつ。当日受け付けで参加可能。

3位 アーユルヴェーダ
美容のイメージが強いアーユルヴェーダだが、本場インドでは立派な医療のひとつ。「祐天寺のハタイクリニックや表参道のSatvikなどが、昔から日本にある老舗として有名です」

4位 ベランダで瞑想
自宅で手軽にできるのが、夜明け前に起き、ベランダで朝日が昇る様子を眺める瞑想。「難しいことは考えず、無心になればOK。慣れてない人は近くの禅寺で座禅を教わるのもあり」

5位 お墓参りに行く
実はパワースポット巡りより御利益があると言われる、お墓参り。「お墓の横に刻まれた先祖の名前を眺め、思いを馳せる。供養にもなるし、己のルーツに向き合う契機に」

【流水りんこ氏】
’83年に漫画家デビュー。近著に修行体験を記した『流水さんの霊能者修行』(ぶんか社)

― 心が安らぐ[孤独の快楽]ランキング ―

ハッシュタグ




おすすめ記事