スポーツ

エドワード・カーペンティア テーズを倒した“マットの魔術師”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第10話>

エドワード・カーペンティア テーズを倒した“マットの魔術師”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第10話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第10話は「エドワード・カーペンティア テーズを倒した“マットの魔術師”」の巻(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 ニックネームは“フライング・フレンチ・マン=空飛ぶフランス人”。日本では“マットの魔術師”と形容された。

 公式プロフィルには身長6フィート1インチ(185センチ)と記載されていたが、じっさいは170センチ弱とひじょうに小柄で、全身が筋肉のかたまりのような体をしていた。

 カタカナ表記はカーペンティアだが、フランス語読みではカーパンティエーという発音になる。

 カーペンティアというリングネームは“狂乱の20年代”のヒーロー、ジャック・デンプシーのライバルとして活躍したフランス人ボクサーのジョルジュ・カーペンティアにあやかって考案されたものだった。ちなみにジョルジュの“ボクシング語”のカタカナ表記はカルパンチェである。

 サマーソルト・キック(現在のムーンサルト)をプロレスのリングに持ち込んだ人物といわれている。

 カーペンティアは、20世紀のアメリカのプロレス史――世界ヘビー級王座をめぐる系譜上――のもっとも重要な登場人物のひとりである。

 カーペンティアは“鉄人”ルー・テーズを下して“テーズ・ベルト”を奪った。問題のタイトルマッチは1957年6月14日、イリノイ州シカゴのインターナショナル・アンフィシアターでおこなわれた。

 カーペンティアのホームリングはカナダのモントリオール(エディ・クィンEddie Quinn派)で、テーズの本拠地はミズーリ州セントルイス(サム・マソニックSam Muchnick派)。

 タイトルマッチの開催地は“中立エリア”のシカゴ(プロモーターはフレッド・コーラーFred Kohler)だった。

 NWA世界王者テーズは、肩の負傷を理由に3本勝負のファイナル・フォールを棄権。チャンピオンベルトはリング上でカーペンティアの手に渡った。

 しかし、3本めの判定がピンフォール(またはギブアップ)ではなかったためNWA本部はタイトル移動の無効を主張。テーズはその後、世界チャンピオンとして3カ月間のワールド・ツアー(オーストラリア、シンガポール、日本)に出発した。

次のページ 
カーペンティアは全米ツアーを開始した

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事