スポーツ

ドン・レオ・ジョナサン 天才レスラーは“記憶”のなかの映像――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第9話>

ドン・レオ・ジョナサン 天才レスラーは“記憶”のなかの映像――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第9話>

『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』#009は「ドン・レオ・ジョナサン天才レスラーは“記憶”のなかの映像」の巻。(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 “記録”ではなく“記憶”に残るレスラーということになるのだろう。天才タイプのアスリートと評された。

 父親のブラザー・ジョナサンは1930年代から1950年代にかけて活躍したプロレスラーで、モルモン教の牧師でもあったことから“ブラザー”をリングネームにしていたといわれる。

 ジョナサンは少年時代から父親にレスリングの手ほどきを受け、1949年に18歳でプロレスラーとしてデビュー。デビューからわずか1年でルー・テーズのNWA世界ヘビー級王座に挑戦(1950年7月=シカゴ)しているから、やはり超大型ルーキーだった。

 身長については6フィート5インチ(約195センチ)、あるいは6フィート7インチ(約201センチ)と資料によってばらつきがあるが、いわゆる巨人タイプではなく、ひじょうにバランスのいい体つきだった。

 スーパーヘビー級の体格とはうらはらに瞬発力、跳躍力に優れ、スタンディング・ドロップキック、フライング・ヘッドシザース、ニップアップ(グラウンドの体勢から腰と両脚のバネを使ってポンッと跳ね起きるムーブ)、前方回転式のサマーソルト・ドロップといった“軽業”を好んで使った。

 あのエルビス・プレスリーよりも先に“もみあげsideburns”を伸ばしていたとされるが、真偽のほどはわからない。

 ベビーフェースもヒールも器用にこなせるタイプだったが、あまりのも万能選手すぎるところが欠点といえば欠点だった。

 1950年代はモントリオール(エディ・クィンEddie Quinn派)、トロント(フランク・タニーFrank Tnney派)の東カナダ・エリアを長期間サーキットし、モントリオールAWA世界ヘビー級王座(2回)、カナディアン・オープン・タッグ王座(パートナーはジン・キニスキー)といったローカル版のトップ・タイトルを獲得。

 ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦にもセミ・レギュラーとして出場し、1957年にはシカゴ、セントルイス、ヒューストン、ダラスといった人気マーケットでルー・テーズのNWA世界王座に連続挑戦した。

次のページ 
初来日は1958年で、力道山のインターナショナル王座

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事