スポーツ

ペドロ・モラレス “ラテンの魔豹”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第31話>

 モラレスはマディソン・スクウェア・ガーデンのリングでコロフを下し、ニューヨークの新しいヒーローの座にかけ上がる(1971年2月8日)。  試合終了後、スーツ姿のサンマルチノがリングに上がり新チャンピオンのモラレスを祝福した。ドラマチックな主役交代シーンだった。  翌年、こんどは“今世紀最大の一戦”としてモラレス対サンマルチノのタイトルマッチが実現(1972年9月30日ニューヨーク、シェイ・スタジアム)。  この試合は75分のマラソン・マッチの末、午後11時興行停止のニューヨーク市条例により時間切れドローとなり、モラレスが王座防衛に成功した。  その後、“伏兵”スタン・スタージャック(正しい発音はステイジアック)に敗れ、2年10カ月にわたり保持したWWE王座から転落(1973年12月1日=フィラデルフィア)。  ベトナム戦争とニクソン大統領のどんよりとした時代にパッと咲いてパッと散った情熱的なラテン系チャンピオンだった。 ●PROFILE:ペドロ・モラレスPedro Morales 1942年10月22日、プエルトリコ・クレブラ出身。少年時代、家族とともにニューヨーク・ブルックリンに移住。WWE世界ヘビー級王座、WWE世界タッグ王座、インターコンチネンタル王座のグランドスラムを達成した最初のレスラー。日本プロレス、全日本プロレス、新日本プロレスの3団体に来日。日本でのニックネームは“ラテンの魔豹”。1986年、引退。 ※文中敬称略 ※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦
1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事