スポーツ

ペドロ・モラレス “ラテンの魔豹”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第31話>

ペドロ・モラレス “ラテンの魔豹”と呼ばれた男<第31話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第31話は「ペドロ・モラレス “ラテンの魔豹”と呼ばれた男」の巻。(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 ブルーノ・サンマルチノ時代のすぐあとのWWEの主人公だった。

 “人間発電所”サンマルチノがイタリア移民であったのに対し、モラレスのバックグラウンドはニューヨーク・ニューヨークのプエルトリカン。映画『ウエストサイド物語』のイメージと考えるとわかりやすい。

 コントラストの異なる2色のオレンジ色の組み合わせになったショートタイツとオレンジ色のリングシューズがトレードマークで、ナチュラル・カールの黒髪と大きな黒い瞳、ヘビーなスペイン語なまりのブロークン・イングリッシュがチャームポイントになっていた。

 バルバ・ラヨBarba Rojoというプエルトリコ人レスラーにレスリングの手ほどきを受け、1958年に16歳でニューヨーク郊外のサニーサイド・ガーデンでデビュー。

 初めてマディソン・スクウェア・ガーデンのリングに立ったのは、サンマルチノがバディ・ロジャースを下してWWE世界ヘビー級王座(当時はWWWF)を獲得した歴史的なタイトルマッチがおこなわれた日で、無名の新人だったモラレスは前座の第2試合でウィリー・バスWille Bathという選手とシングルマッチをおこなった。

 ルーキー時代のモラレスのフェイバリット技は、垂直跳びスタイルのスタンディング・ドロップキックだった。

 ジャイアント馬場のアメリカ武者修行時代のストーリーをドキュメンタリー・タッチでつづった劇画『ジャイアント台風』(原作・高森朝雄&辻なおき)のなかにモラレスが若き日の馬場にドロップキックを伝授し、“32文ロケット砲”が誕生するというエピソードがある。

 真偽のほどはさだかではないが、モラレスにとってドロップキックが“一芸”であったことは事実だろう。

 ニューヨークの前座レスラーだったモラレスをスーパースターに変身させたのは、あのフレッド・ブラッシーだった。

 サンマルチノとのタイトルマッチのためニューヨークにやって来たブラッシーは、モラレスのドロップキックをみて「(エドワード・)カーペンティアなんかよりお前のほうがずっとすごい」といって、20歳のモラレスをロサンゼルスに連れ帰った。

 ブラッシーは、スパニッシュ・スピーキングのモラレスは西海岸のチカノ層(メキシコ系アメリカ人)にウケると読んだ。

 ブラッシーのもくろみどおり、モラレスはロサンゼルス・エリアのヒット商品となり、WWA世界ヘビー級王座を2回、WWA世界タッグ王座を通算4回獲得。

 1960年代のほとんどをウエストコーストで過ごすことになる。ビンス・マクマホン・シニアがモラレスをニューヨークに呼び戻すのは、サンマルチノが“ロシアの怪豪”イワン・コロフに敗れWWE世界王座から転落した1971年1月のことだった。

次のページ 
ドラマチックな主役交代シーン

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」





おすすめ記事