スポーツ

ミスター・レスリング “正体不明”というファンタジー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第29話>

ミスター・レスリング “正体不明”というファンタジー<第29話>

連載コラム『フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100』第29話は「ミスター・レスリング “正体不明”というファンタジー」の巻(イラストレーション=梶山Kazzy義博)

 マスクマンは悪役という常識をひっくり返した白マスク、白タイツの正統派レスラーである。

 アマチュア・レスリングではAAU全米選手権優勝2回(1955年=フリースタイル191ポンド級、1957年=フリースタイル191ポンド級)、NCAA選手権準優勝2回(1958年=177ポンド級、1959年=191ポンド級)という輝かしい戦績の持ち主で、コーネル大学、オクラホマ州立大、ミシガン州立大の3つの大学に在籍し、ふたつの学位(農業工学・機械工学)を取得したインテリだった。

 プロ転向は28歳とやや遅く、デビュー当時はアマチュア時代の愛称だった“ティーニー・ティム=ちいさなティム”のティム、本名ウディンの略称ウッズをくっつけたティム・ウッズをリングネームにしていた。

 無名のルーキーとしてニューヨーク、フロリダ、テキサス州アマリロ(ドリー・ファンク・シニア派)をサーキット後、1965年にネブラスカのプロモーター、ジョー・ドゥーゼックがミスター・レスリングというキャラクターを考案した。

 アマチュア時代の全記録を公開したうえでの“正体不明のマスクマン”という設定だったから、その正体暴きにファンの関心が集まった。ちょっとした逆転の発想だった。

 “正体不明のマスクマン”のドラマにはひとつのセオリーがある。それは、観客のまえでマスクを脱ぐ日が必ずやって来るということだ。

 ネブラスカでは、マッドドッグ・バションとのオハマAWA世界ヘビー級王座をめぐる闘いでその正体を明かした。テキサスではジョニー・バレンタインとの“マスクvs髪切り”の試合に敗れ、マスクをはがされた。

 新しいテリトリーに登場するときは“正体不明のマスクマン”で、テリトリーを去るときは素顔のティム・ウッズに戻るというドラマチックなフィナーレがひとつの定番パターンになった。

次のページ 
史上初のマスクマンの世界チャンピオン誕生か?

1
2
※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス読本」と書いたうえで、お送りください。

※日刊SPA!に掲載されている「フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー」が『フミ・サイト―のアメリカン・プロレス講座』単行本になり、電波社より発売中です

フミ・サイトーのアメリカン・プロレス講座 決定版WWEヒストリー 1963-2001

WWEはいかにして世界を征服したのか?幾多の危機を乗り越え、超巨大団体へと成長を遂げたその歴史を克明に描く「WWEの教科書」




おすすめ記事