マネー

タダで仮想通貨を手に入れる方法。ホントにできちゃった!



 そんなこんなで1週間。結果、上場/未上場を合わせて、無事に7種類のエアドロップに参加完了! 円換算できるものだけでも、4440円になる。

《1週間での獲得コイン》
Cryptrivia Token/25枚/未上場
BPS/100枚/2500円
FishCoins/66枚/未上場
Gene token/80枚/840円
EGGtoken/200枚/650円
CLassyCoin/50枚/450円
GSGC/5000枚/未上場
計4440円相当(※2月22日時点の価格)

 とはいえ、エアドロップに参加してもコインの配布までにはもう少し時間がかかる。1週間~1か月かかるものや、「サービス開始時に配布」とされている案件もあるからだ。それでもタダなのだから、とりあえずタネを撒きまくった後は「果報は寝て待て」状態。元手がまったくかからないエアドロップこそ、ある意味、もっとも貧者に優しい手法だと言えそうだ。

《エアドロップの流れ》

1 まずはツイッターで検索

まずはツイッターで検索 ツイッターで検索すると、有名ブロガーなどが丁寧な解説とともに参加方法を載せている。エアドロップは配布期間が短いものが多いので、新しいものから片っ端に登録していこう

2 エアドロップのHPに

エアドロップのHPに サイトに飛ぶので、翻訳ソフトで手続き方法などを確認。ニュートンツリー(NTT)の場合、マイイーサウォレットのアドレスを登録した後、テレグラムのチャットに参加して、そこで得たコードを入力すれば登録完了だった。

3 トークンをゲット!

トークンをゲット! 登録が終わるとサイト上では貰える予定のNTTトークンが確認できる。さらに専用のURLが配布され、そのURLをSNSなどで拡散してそこから登録者が出れば、コイン配布時に追加でNTTが貰える仕組みになっている。

― 10万円から始める[仮想通貨]一発逆転シナリオ ―

1
2
トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書





おすすめ記事