マネー

タダで仮想通貨を手に入れる方法。ホントにできちゃった!

 いい意味でも悪い意味でも話題沸騰中の仮想通貨。果たして、少ない軍資金でも大勝ちするにはどうしたらいいのか。“持たざる者”こそ狙うべき、タダでゲットできる仮想通貨がある?

仮想通貨

タダで仮想通貨をゲット! 1週間で集めまくってみた


 軍資金がないなら、タダで仮想通貨を手に入れればいい! というわけで「エアドロップ」という方法を試すように編集部から依頼を受けた記者。調べてみると、結構いろんな種類のコインがエアドロップによってタダで手に入るらしい。

 そもそもエアドロップとは「コインの発行者がトークンを無料で配ること」を指す。要は新製品サンプリングのようなもので、まだ利用者が少なく認知度が低いコインが、流動性の向上や認知されるために撒くのだ。上場前のコインがすることが多いが、ときには上場後のコインで実施されることも。ちなみに、少し前に実施されたリベリオス(REBL)のエアドロップでは、最高4000REBLが獲得できたうえ、それがバラ撒き後に高騰して最高値で売れば約17万円になっていたとか……。

 では、実際にどうエアドロップを入手すればいいのか。手探りで調べた記者だったが、どうもICO同様にオフィシャルHPで必要項目を入力したりして、最終的には「マイイーサウォレット」などウォレットに振り込まれる流れになるようだ。各HPの探し方も簡単だ。ICO専門サイトからも調べられるが、一番手っ取り早いのはツイッターで「#AirDrops」のハッシュタグで検索すること。続々とヒットするので後はリンク先に飛べばいいだけだ。

 ただ、ここからが普通のICOと違うところで、コインを貰う方法は案件によってまったく異なる。メールアドレスを登録するだけでOKという超簡単なものもあれば、テレグラムというチャットサービスに登録するものや、関連サービスを使えば貰えるものなどさまざま。また、エアドロップは人数や期間が限定されているものが多いので、情報が新しいことが重要になる。2、3日前に公開された案件に行くとすでに配布終了、なんてことがざらにあった。また、基本的には英語か中国語サイトなのでグーグル翻訳はフル活用である。

次のページ 
たった1週間で草コイン7種類ゲット!

1
2
トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書





おすすめ記事