雑学

「家では嫁と娘に怒られるんだよ」深夜の上野アメ横に響く中年ギタリストの悲哀

 フレッシュな新入社員のおかげで社内がにぎわうこの季節。研修続きで気が滅入ってしまう新卒生も多いだろうが、環境の変化でストレスがたまっているのは何も彼らだけではないはずだ。ベテラン勢もなにかとやることが増え、自分の時間が削られている人も多いだろう。そのうえ家に帰れば嫁さんに愚痴をこぼされ、子どもは「おかえりさえも言ってくれない」なんて人も。

 夕方6時ごろ、DVDボックスに駆け込むスーツ姿のおじさんやファミレスの喫煙席でDSをプレイするおじさん。家に帰っても自分の居場所がないのだろうか……。

 夜の街は何をしているのかよく分からないおじさんたちで溢れている。みなさんも「なんかあのおじさん怪しい……」と思ったことはないだろうか。そんなおじさんたちの生態を知るべく、今回は閑散とした夜の上野駅にいたちょっと怪しいおじさんに少し話を聞いてみた。

上野おじさん

深夜のアメ横で1人エレキギターを演奏するおじさん

街によくいる“怪しいおじさん”の正体


 上野駅前にある観光スポット「アメ横」の夜は早い。20時を過ぎるとほとんどの店がシャッターを閉め、通行人もまばらになる。23時になるともう通りは真っ暗で昼間とはまるで違う雰囲気になる。

 そんな深夜のアメ横でエレキギターを演奏する謎のおじさんが目に入った。服装はモコモコしたダウンジャケット、白髪まじりで恐らく50代だろうか。観客はゼロだが、ノリノリで自分の世界に没頭している。すぐ隣には自転車が置かれ、上野によくいるホームレスかと思いきや……。

上野おじさん「ただの会社員だよ。家で弾くとうるさいって嫁と子どもに怒られるからね。『近所迷惑だ』って言うんだよ。だから仕方なく外で弾いているだけ」

 さっきまで家族と上野で飲んでいたというこのおじさん。お酒が入り気分がよくなったので、「ちょっと遊んでから帰る」と抜け出してきたのだそうだ。通行人からは若干冷ややかな視線を送られ、ちょっと怪しいおじさんと化していたが、ギターを弾いている理由はいたってふつう。話してみてもふつうのおじさんだったのだ。

次のページ 
青春時代はミュージシャンになりたかった

1
2





おすすめ記事