雑学

ユニクロで「買うべき&買ってはいけないショートパンツ」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第177回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 そろそろ夏を感じさせる気候になってきました。この時期、ほしくなるのは「ショートパンツ」。高温多湿の日本の夏で欠かせない存在ですが、どうも日本人でおしゃれにショートパンツを合わせている人がいない!! そこで今回はユニクロの「買うべき&買ってはいけないショートパンツ」を解説いたします。

▼買ってはいけないショートパンツ「スラックスであればよいというわけじゃない」

●感動ショートパンツ(ギンガムチェック) 2990円(+税)


感動ショートパンツ(ギンガムチェック) 本連載を読み慣れている人ならば「短パンはカジュアルなアイテムだから、ドレスライクなものを選ぶんでしょ?」と察知できるでしょうが、実は案外それだけじゃうまくいきません。

 こちらの感動ショートパンツはまさにそんなアイテム。スラックスを短くカットしたドレス感たっぷり。これなら短パンのカジュアルな印象をドレスライクなスラックスでカバーできるため子供っぽくならずに使える……と思いきや。いざ履いてみると、妙に足回りがムチッと感じ「とっちゃん坊や」のように感じてしまうはず。

 この原因は何か? それはシルエットです。欧米人は体格の割にスラリと細長い脚をしており、細身の短パンでもサマになるのですが、日本人は寸胴体型の上に欧米人に比べて脚に肉感があり、太め。だからこそ細めの短パンを履くとどうしてもムッチリとした印象となり不恰好さが際立ちます。

 我々は脚が太いからこそ、視覚効果で細くスッキリ見せる必要があります。そのために注目すべきは裾幅です。裾幅が広くワイドなサイズ感にすると、脚は対比で細く見えるもの。肝心なのは「裾幅」なのです。

 このパンツ、モノ自体はとてもいいのですが、私含めて多くの日本人はどうにもムチッと見えるはず。選ぶならもう少し裾幅広めのモノがいいでしょう。

次のページ 
買ってはいけない&買うべきショートパンツ

1
2
●SPA!フェス「人生は服で簡単に変えられるbyMB」開催
5月26日(土) 19時~
出演予定/MB、ほか未定
(前売券SOLD OUT!! 当日券の販売はございません!)
 メンズファッション指南の第一人者であるMB氏が人生を変える極意を伝授。「服で人生が変わる? そんなバカな……」と思った人にこそ伝えたいメンズファッションの魅力とは? また「MB×SPA!」のコラボ4アイテム(チャッカブーツ、鞄、名刺入れ、折り畳み傘)の全貌がついに明らかに!
⇒イベントページ

新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事