雑学

居酒屋で太らないメニュー&食べ方。サラダもOKとNGがある

 はじめまして。管理栄養士の川村郁子です。

 汗ばむ日が増えてきた昨今、仕事の後にく~っと一杯!至福の時ですよね。

乾杯 美味しい料理に美味しい酒を飲むと一日の疲れも吹き飛びますが、毎日続けると健康を害する可能性も。そこで今回、酒好き管理栄養士が「居酒屋で頼むべき+αメニューや食べ方」を紹介します。

サラダを頼むのは良い選択?


 居酒屋で最初に頼みがちなメニューのサラダ。油ものばかりの中で、良いチョイスだと思います。

 しかし、サラダの中でも「選ぶべき・選ばないで欲しい」メニューがあります。

 まずは居酒屋でも人気のシーザーサラダですが、選ぶべきではないでしょう。大量の油が含まれ、チーズもたっぷり乗っているためカロリーが高いからです。

シーザーサラダ

シーザーサラダはNG

 また、ポテトサラダやマカロニサラダなどもオススメできません。野菜がほとんど入っておらず、糖質と脂質がメインなのでヘルシーとはいえないためです。

 そこで、選んでいただきたいのは「海藻サラダ」「大根サラダ」などです。あっさりとした味付けのメニューを選ぶようにしましょう。

居酒屋で頼むべきメニュー&食べ方


1:生キャベツで胃を保護しよう

 サラダとは別に、まず注文して頂きたいのが「生キャベツ」。お通しとして出ることもある定番メニューですね。

 生キャベツには、ビタミンCが含まれています。ビタミンCはアルコールの分解に必要な栄養素なので、お酒の席で補強すると良いでしょう。

 また、キャベツにはビタミンUという胃粘膜を保護する成分が含まれています。揚げ物が食べたくなった時に、追加で生キャベツを注文すると胃もたれを防げます。

2:お刺身で不足しがちな必須脂肪酸を摂取

 続いては「お刺身」です。

お刺身 理由は、タンパク質が摂取できること、調理法がシンプルなこと、そして現代人に不足しがちな必須脂肪酸のオメガ3が摂取できることです。

 オメガ3はコレステロールを低減させる効果が期待できます。お肉や揚げ物を口にしがちな飲み会の場では、ぜひお刺身を選んでみてください。

次のページ 
シメに食べるべきメニュー

1
2





おすすめ記事