ニュース

「トランプ大統領に感謝したい」米中貿易戦争が日本企業にとって追い風に!?

 この国家戦略に基づいてトランプ大統領が中国に対して6月15日、関税措置を発動したわけだが、その結果はくっきりと明暗を分けた。米国と、トランプ政権と関係がよい日本、インド、オーストラリアの株価が堅調な一方で、中国と、中国との関係が深い韓国、ドイツ、タイといった国は軒並み下落した。「福の神」トランプ対「疫病神」習近平という構図だ。  なにしろ習近平政権は、中国の資本家たちからも嫌われている。中国から海外への「当局が把握できない」資本流出の額は’15年から’17年にかけて平均2215億ドル、日本円にして24兆円に上るのだ。どうやら「疫病神とは縁を切れ」が、世界のマーケットの合言葉のようだ。日本企業にとっても、中国に奪われた世界のシェアを奪い返すチャンスなのだが……。 写真/ソーシャルメディア担当官、ダン・スカヴィーノ公式ツイッターより’62年生まれ。九州大学文学部哲学科を卒業後、月刊誌編集長、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、外交・安全保障の政策提案に取り組む。著書に『日本は誰と戦ったのか』(ベストセラーズ)、『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)など
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事