エンタメ

還暦になった鴻上尚史、「夢を見ること」を描いた新作音楽劇への思い

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

「夢を見ること」を描いた新作音楽劇と60歳の誕生日


e2107498e005c82ac698fae1973b07ce_s 8月11日から新作音楽劇『ローリング・ソング』の公演が始まりました。

 3世代の男達、20代の中山優馬さん、40代の松岡充さん、60代の中村雅俊さんが、歌い、ぶつかる物語です。

 松岡充さん演じる山脇雅生は、昔、ロッカーでしたが売れず、夢を諦めて、家業である納豆会社を継ぎました。ある日、雅生の所に一人の青年、中山優馬さんが演じる篠崎良雅がやってきます。そして、「私はあなたの子供だ」と言うのです。

 自分の母親は若いころ、ロッカーだったあなたの熱烈なファンだった。

 母親はずっと父親の名前を言わなかったけれど、死んだ後日記を見たらあなたの名前が書いてあった。

 けれど、そう言われた雅生は、「やったのかなあ。やんなかったのかなあ。なにせ、ロッカーはそういうところ、ルーズだからなあ」と答えるのです。

 息子と名乗る良雅は憤慨します。母親は、父親は有名なロッカーだと言ったのに、今のあなたはなんだ? 納豆を売っているただのくたびれた中年じゃないかと。

 一方、中村雅俊さん演じる小笠原慎一郎は、夢を売る結婚詐欺師で、雅生の母親、久野綾希子さん演じる山脇久美子をだまそうとします。

 また、雅生は離婚していますが、娘がいます。その娘、森田涼花さん演じる原口綾奈は、ライブハウスで出会った良雅に兄であるとは知らず、恋をしてしまうのです。「そんな失敗した韓流ドラマみたいな展開なの!?」と父親である雅生は驚きます。でも、好きになっちゃったもんはしょうがないのです。

 雅生は会社が傾き、母親に借金を申し込みます。けれど、母親は結婚詐欺師の口車にのり、嘘のチャリティー・ミュージカルに出資しようとしています。

 若者は、売れないままバンドを解散し、途方に暮れています。恋する娘は、なんとか応援しようとします。

 5人が、それぞれに「自分にとって一番大切なことはなにか?」を考え、あがきます。「夢を見ることのしんどさと素晴らしさ」がテーマの音楽劇です。

次のページ 
還暦になりました

1
2
この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録





おすすめ記事