お金

仮想通貨の購入は買いたい価格の2000円下が正解!?――新人編集者が30万円を仮想通貨で億超えに挑戦<第3回>

金額と数量を指定するだけで指値注文が完了!

ひろぴー:例えば「10万円で2ETHを買い」という風に、金額と数量を指定して注文するだけ。売るときも同様に、ここまで上がったら利益確定させたいと思う金額を指定しましょう。もう少し高度な方法として、赤字を防ぐ「逆指値」という注文もありますが、今のところは無視してオッケーです。 和田:さっそく指値で買い注文してみま~す。

当然、指値注文の場合は執行してから購入できるまでにタイムラグがある

ひろぴー:これでしばらく様子を見てみましょうか。イーサリアム(ETH)をはじめとしたアルトコインは値動きが激しいですが、停滞していると数週間注文が通らないことも。取引の執行前なら訂正や取消もできるので安心してくださいね。 和田:実は最初に成行注文したとき、計算がニガテすぎて数量をテキトーに指定しちゃったんですよね……。そんなときも取消できるってことですね。 ひろぴー:先輩に怒られちゃいますよ!今ならビットコイン(BTC)も押し目買いのチャンスが到来しそうです。 和田:指値の数字って、何を入力すればいいんですか? ひろぴー:自分が買いたい値段です。たとえば現状の金額よりも1000円~2000円くらい安値で入力しておくとよいかと思いますし、上級者がよく使うのはチャートを参考にした決め方。「過去1か月間の安値は69万円だから、その少し上、70万円に指値を入れておこう」といった考え方です。 和田:プロっぽい~! でも安値の「少し上」に注文する意味って? ひろぴー:安値や高値付近では他にも注文する人がたくさんいるので、「ちょうど」の手前で反転することが多いんです。69万円で買いたいと思って指値を入れたのに、70万円まで下がらなかったらどう思います? 和田:くやしい! ひろぴー:タッチの差で買えないともったいないのですよね。だから、指値で発注するときは、「ちょうど」よりも少し手前の価格を指定するのがコツなんです。 和田:数量はどう決めるんですか? ひろぴー:最低取引単位は0.001BTCなので、数十円からでも取引ができちゃいますよ。 和田:ちょっとでも増えたら嬉しいですもんね。 ひろぴー:今回は資金30万円ですよね。いきなり資金全部を使わずに、投入資金の3分の1くらいにしてだくさい。今回なら10万円ですね。 和田:今回、買ったイーサリアム、ちょうど10万円分です! ひろぴー:いいじゃないですか! 決済注文は入れましたか? 和田:決済……? ひろぴー:指値を使うと決済も効率的にできるんです。次は決済用の指値を置くテクニックを教えますね。 【指値】 この価格に到達したら買いたい・売りたいと指定して注文する方法。とにかく今買いたい・売りたい場合は「成行」でもよいが、サラリーマンのトレードには断然指値がおすすめ 今回のトレード結果 総資産額:30万円 ETH:1.2(約10万円) 現金:20万円
1
2
★ひろぴーさんのメルマガ「読む仮想通貨ストラテジーレポート」配信がスタート
日刊SPA!の下記リンクからご登録いただき、1か月購読を続けていただいた方全員にひろぴーさんの著書「少額でも月30万円儲かるビットコイン革命」をプレゼントいたします
⇒読む仮想通貨ストラテジーレポート登録はこちら
仮想通貨のトピックスや相場分析に加えて、値動きに影響を与える株式・商品・為替・金融市場動向などについて解説
仮想通貨のトピックスや相場分析に加えて、値動きに影響を与える株式・商品・為替・金融市場動向などについて解説?|?fx-on.com
※プレゼントの書籍はSPA!編集部より発送いたします。発送まで時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

●BITPoint(ビットポイント)
仮想通貨交換業者登録:済
取り扱い通貨:BTC、BCH、ETH、LTC、XRP
販売所:ナシ
レバ取引:最大25倍 ポジション料=0.035%/日
BTC売買手数料:無料
出金手数料:振込手数料
BTC出金手数料:無料

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事