マネー

ビットコイン暴落にはショート戦略で参入!――新人編集者が30万円を仮想通貨で億超えに挑戦<第7回>

 ‘18年11月~12月にはビットコイン相場が大暴落。仮想通貨初心者の新人編集・和田ちゃんは、ビットコインこそ持っていなかったものの、資産は目減りするいっぽう……。下落相場が続く苦しい局面にぶち当たったときは、どう乗り切ればいいのか?“億超えトレーダー”ひろぴー氏と振り返りながら勉強だ!

【専業トレーダー・ひろぴー先生】
サラリーマンをしながらFXトレードで開眼。その後、脱サラして専業トレーダーに。現在の資産運用額は数億円。仮想通貨取引所などのセミナーに引っ張りだこで、ラジオNIKKEIパーソナリティも務める。初めての著書となる『少額でも月30万円儲かるビットコイン革命』を上梓

【新人編集者・和田ちゃん】投資歴0年ながら、お金は大好き。仮想通貨の知識は、最近合コンで「仮想通貨は儲かるよー」という言葉をイケメンの広告代理店マンから聞いた程度。薄給なのにZOZOTOWNと百貨店で服を買いまくっているために元手がなく、先輩編集者から「絶対に増やして返してね。これ子供の学資保険だから」という30万円を借りて仮想通貨をスタートさせることに

和田:いや~、昨年の秋は運良くビットコイン持ってませんでしたが、なんだかテンションの上がらない相場でしたよね。

ひろぴー:危なかったです! ’18年11月は、65万円割れで底が抜けたタイミングがありました。買いポジションの損切りが巻き込まれて、急落したんですね。

BTC週足チャートで急落を確認

ひろぴー:週足チャートでサポートラインが引けるポイントを割り込んだ場合、その方向に大きく進む傾向があります。今回は、週足レベルでのサポートラインを割り込んだので、65万円→50万円と急落になったのですね。

 サポートラインの下には損切りポジションが多く集中しているため、こういった現象がおきやすいです。

和田:“みんなが注目している”ポイントを抜けると、大きく動き出す起点になるんですよね。

ひろぴー:そうそう。ですから、今度は65万円をバックに“戻り売り”を狙う、ビットコインFXトレーダーが多く出てきますので、当面上値が重い可能性があります。

和田:戻り売り……って何ですか?

ひろぴー:相場が下落しているときに、一時的に反発するポイントで売っていく手法です。押し目買いの逆ですね!

和田:なるほど~。もはや仮想通貨を買おうとするのは危険なんじゃないですか?なんとか増やさないとクビになっちゃう!!

ひろぴー:買うのは微妙かもしれませんね~。ただし、仮想通貨FXだと“売り”から参入するショートトレードができるので、大きなチャンスとなる可能性もありますよ!

 ショートトレードは売り注文から入る戦略。これまでとは逆で、価格が下がると利益が出ますが、価格があがると損失となります。

和田:なんかややこしいですね~。

ひろぴー:ちょうどビットコインは下落トレンドが発生しているので、練習がてら、ショートエントリーしてみましょうか。

次のページ 
和田、BTCでショート指値エントリーを狙う!

1
2
★ひろぴーさんのメルマガ「読む仮想通貨ストラテジーレポート」配信がスタート
日刊SPA!の下記リンクからご登録いただき、1か月購読を続けていただいた方全員にひろぴーさんの著書「少額でも月30万円儲かるビットコイン革命」をプレゼントいたします
⇒読む仮想通貨ストラテジーレポート登録はこちら
仮想通貨のトピックスや相場分析に加えて、値動きに影響を与える株式・商品・為替・金融市場動向などについて解説
仮想通貨のトピックスや相場分析に加えて、値動きに影響を与える株式・商品・為替・金融市場動向などについて解説?|?fx-on.com
※プレゼントの書籍はSPA!編集部より発送いたします。発送まで時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

●BITPoint(ビットポイント)
仮想通貨交換業者登録:済
取り扱い通貨:BTC、BCH、ETH、LTC、XRP
販売所:ナシ
レバ取引:最大25倍 ポジション料=0.035%/日
BTC売買手数料:無料
出金手数料:振込手数料
BTC出金手数料:無料

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

20以上の実例チャート付きで初心者にもわかりやすい「ビットコイン取引」の入門書





おすすめ記事