雑学

「早く辞めたい」深夜まで働く41歳SE・年収500万円は、妥当な額なのか?

 転職市場で、自分のキャリアなら年収いくらが相場なのか?  今の年収が相場以下なら、なにが原因なのか? 働く人のケースをもとに、人事の専門家に査定してもらった。

自分の値段を査定せよ

「残業は嫌ですし、会社での立場がよくなることはないと諦めていますが、もう少し給料があれば……とは思います」と語る田中さん

地方在住は割安になりがち?人気業種SEの市場価格


「毎日朝から深夜まで働くブラックな待遇で、常に『早く辞めたい』と考えています」と呟くのは、北関東のシステム会社で勤続10年目を迎える田中待雄さん(仮名・41歳・SE・年収500万円)。自らを自嘲気味に“社畜”と呼ぶ。

「今の会社は忙しすぎるし、働かない同僚が多いしで、かなりの不公平感はあります。でも、年齢的に考えて、仮に転職したとしても、他社では到底受け入れてもらえるとは思えません。そんな僕に対して、年収500万円という金額は悪くはないかなと一応は受け入れています」

 40代を迎えた頃から、会社側からは「管理職にならないか」と声をかけられているものの、かたくなに断り続けているという。

「管理職になっても、給料は数万円しか上がらないのに責任ばかり増える。もともと人と話すのが苦手で、一人でコツコツ作業するのが性に合っているんです。煩わしい人間関係に巻き込まれるのなら、このままでいいかな……と」

次のページ 
東京に行けば、年収アップを狙えるかも

1
2





おすすめ記事