エンタメ

40代おじさんが選ぶ「面白かった夏ドラマ」トップ10 “ぎぼむす”は3位、1位は?

 2018年の夏も終わり、夏ドラマも続々と最終回を迎えている。今クールで、世間的に大きな話題を集めたのは、綾瀬はるか主演の“ぎぼむす”こと『義母と娘のブルース』(TBS系)だろう。最終回の平均視聴率で19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と高い数字をたたき出すなど、かなりの高視聴率を誇ったドラマだった。

 しかし、見逃せないのが『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)の健闘。全10話の平均視聴率は10.6%で、“月9”として一年ぶりの2桁台を記録したのだ。

絶対零度

画像は、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』公式サイトより

 ここのところ苦戦していたフジテレビ系のドラマながら、高い視聴率をマークできたのは、50歳の沢村一樹が主演を務め、世のおじさんたちの心を掴んだからかもしれない。
 
 そこで今回は、全国の40代男性100名に「今夏ドラマで面白かったのはどれ?」というアンケートを実施。これよりTOP10をランキング形式でご紹介していこう。

40代男性が選ぶ、面白かった夏ドラマTOP10


=======
Q.今夏ドラマで面白かったのはどれ? (3つまで選択)

10位 『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京ほか)7人
9位 『高嶺の花』(日本テレビ系)8人
7位 『遺留捜査』(テレビ朝日系)9人
7位 『チア★ダン』(TBS系)11人
6位 『半分、青い。』(NHK総合ほか)12人
=======

 10位となった『ラストチャンス 再生請負人』は、テレビ東京系列に4月から新設された「ドラマBiz」枠で放送されている作品。江上剛の経済小説を原作としたビジネスドラマだ。

 話題になることの少ない作品だったが、その骨太な内容は「ストーリーがよかった」(福岡県・42歳男性)といったように、評価が高かった。おじさんに親和性の高いビジネスというテーマも、高満足度につながったのかもしれない。

 9位には『高嶺の花』がランクイン。当代きっての人気女優・石原さとみが、相手役にミュージシャン峯田和伸を迎え、有名脚本家・野島伸司がストーリーを手掛けた注目作だ。

 けれど、日本テレビ系の水曜ドラマ枠で放送され期待値が高かったものの、肝心の視聴率は全話の平均で9.5%と、1桁台にとどまってしまったようだ。

 とはいえ、怒涛の展開を見せる内容に関しては、「面白かった。スリル感が楽しめた」(神奈川県・45歳男性)という肯定的な意見も。


 続いて8位に入ったのは、全話の平均視聴率が11.8%と、高い数字を記録した『遺留捜査』。本作が第5シリーズ目となる人気ドラマの最新作だ。

 その内容は、上川隆也演じる風変りな刑事が、事件現場に残されている遺留品を手掛かりに、被害者の思いや難事件の真相を紐解いていくというもの。

「少し地味ではありますが、人情味もあり、見ていて飽きません。ラストの『あと5分だけ』というくだりも後味がいいと思います」(栃木県・46歳男性)

 7位の『チア★ダン』は、TBS系の金曜ドラマ枠で放送された作品。女子高生たちがチアダンスに青春をかける王道ストーリーだったが、最終回の平均視聴率でも7.9%と、数字のうえでは奮わなかった。

 しかし、寄せられたコメントには、「土屋太鳳さんかわいい」(愛知県・47歳男性)のように、出演女優をほめる意見が多数。女優たちのハイレベルなダンスシーンが、視聴者に強烈なインパクトを残したのだろう。


 6位にランクインした『半分、青い。』は、春から放送しているNHK連続テレビ小説のため、厳密にいえば春・夏ドラマだろう。本サイトに掲載されている「40代おじさんが選ぶ『面白かった春ドラマ』TOP10」の1位にも輝いている。

 各話安定して20%以上の平均視聴率を記録している本作。長い期間放送されているために、やや飽きてしまった人や、他の作品に目移りしてしまった人が多いのだろうか。

 とはいえ、「地元岐阜を舞台としている『半分、青い。』は、ハラハラドキドキして面白かった。先が読めない、安全すぎないドラマとして新鮮だった」(岐阜県・47歳男性)との声もあったように、半年間という長期スパンでも、ガッチリ心を掴まれていたおじさんも少なくないようである。

次のページ 
気になるTOP5、同率1位に輝いた2作品は?

1
2





おすすめ記事