エンタメ

40代おじさんが選ぶ「面白かった春ドラマ」TOP10/2位『ブラックペアン』、1位は?

 2018年の春ドラマが最終回を迎えた。SNSでは土曜ナイトドラマ枠の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が反響を巻き起こしたが、より大勢の視聴者の目に触れていたのは、やはりゴールデンタイムに放送されるドラマのはず。特に平均視聴率が好調だったのは、初回で16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)をマークした『特捜9』(テレビ朝日系)だ。

おっさんずラブ

SNSをはじめ、大きな話題を呼んだ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。画像は公式サイトより

 その一方、NHKの連続テレビ小説として通算98作目となる『半分、青い。』は、初回から平均視聴率21.8%を叩き出しており、さすが朝ドラといったところ。ただ、視聴率が作品の満足度を必ずしも反映しているわけではないだろう。

全国100人の40代おじさんが選ぶ、面白かった春ドラマTOP10


 そこで今回は、全国の40代おじさん100名に対して「今春ドラマで面白かったのはどれ?」というアンケートを実施した。これよりTOP10をランキング形式でご紹介する。

=======
Q.今春ドラマで面白かったのはどれ?

10位 『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)11人
9位 『正義のセ』(日本テレビ系)12人
7位 『警視庁・捜査一課長シーズン3』(テレビ朝日系)13人
7位 『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)13人
6位 『孤独のグルメ Season7』(テレビ東京ほか)16人
=======

 10位となった『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』は、日本では『巌窟王』と呼ばれる19世紀のフランス小説が原作。自分に無実の罪を着せた連中に、15年越しの報復を果たそうとする主人公を、ディーン・フジオカが演じた。最終回は2時間スペシャルで、平均視聴率は6.8%という結果に。

「1話目は正直イマイチだったが、2話目以降からストーリーがよくなってきた。復讐劇というシリアスな題材でも、内容が面白かった」(神奈川県・44歳男性)

 9位には10位同様、これまた原作小説が存在する『正義のセ』がランクイン。

「阿川佐和子さんの同名小説が原作ということで見ていた。少し『?』が浮かんでしまう場面もあったが、なぜか引き込まれるものがあった」(千葉県・49歳男性)

 全話の平均視聴率は9.7%と、惜しくも2ケタには届かず。しかし「出演者が好き」(京都府・47歳男性)という意見もあり、吉高由里子が演じる2年目の若き検事と、その担当事務官である安田顕の名コンビっぷりは好評だったようだ。


 7位には、同率で2作品が並んでいる。まずは、テレビ朝日系の木曜ミステリー枠である『警視庁・捜査一課長シーズン3』。内藤剛志が主演を務め、昨年の春には同じ枠でシーズン2が放送されていた人気ドラマだ。

「刑事ものだから」(兵庫県・49歳男性)と無条件に見ている層もいれば、「これしか見ていない」(熊本県・45歳男性)というシリーズ自体の根強いファンもついており、全話の平均視聴率は12.7%。シーズン2の12.1%を、見事に上回った。

 7位にランクインしたもう1作品は『崖っぷちホテル!』。三代目J Soul Brothers及びEXILEのメンバー・岩田剛典が連続ドラマ初主演ということで、若い女性ばかりが注目していたのかと思いきや、「岩田の演技が面白かった」(埼玉県・49歳男性)と、おじさんからの支持も獲得している。ほかにも、

「スカッとするストーリーが楽しい」(神奈川県・44歳男性)

「ホテルの新米総支配人(戸田恵梨香)のコミカルさが印象に残った」(静岡県・40歳男性)

 など、好意的な意見が寄せられた。


 続いて6位は、1年ぶりの新シリーズとなった『孤独のグルメ Season7』。毎週金曜深夜の放送かつ、松重豊の演じる輸入雑貨商が淡々と食事をするだけの異質なドラマだが、平均視聴率3.0%以上を安定的に記録している。

「落ち着いて視聴できる」(京都府・42歳男性)

「おいしそうな食べ物が見られる」(千葉県・48歳男性)

「前から好きなシリーズで、松重豊の演技が好き」(栃木県・47歳男性)

 グルメ好きはもちろん、現在55歳である松重豊に、将来の“なりたいオトコ像”を重ね合わせているおじさん視聴者も多そうだ。

次のページ 
気になるTOP5は? 1位と2位は僅差

1
2





おすすめ記事