仕事

55歳で年収50万円、母親の年金で暮らす転落人生「独身でよかった…」

 退職後、再就職斡旋会社に登録するも丸1年間、音沙汰なし。在職中に取得した社労士の資格もまったく役には立たなかった。 「資格があっても所詮、未経験ですから。もう以前のような職に就くのは不可能だと悟って、非正規の職を転々としながら、派遣の家庭教師に落ち着いたんです」  だが、その派遣元も昨年の秋に破綻。今は別の派遣元から生徒を紹介され月に4万円ほどの収入を得ているが、受験が終わり、新たな紹介がなければ収入はなくなる。
転落する50代

会社の顔にもなった有望株が、退職後は一転、スーパーマーケットのアルバイトにすら採用されない過酷な現実が待ち受けていた

「父が亡くなり、母の遺族年金などが17万円ほど入るので、それが命綱。こんな苦労を他人にさせられないので、今となっては独身を貫いていてよかった」  語り口はかつてのホープだけあり軽やかだが、その眼差しの奥には疲労が色濃く蓄積されていた。 ― 転落する50代の共通点 ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事