R-30

55歳で年収50万円、母親の年金で暮らす転落人生「独身でよかった…」

 年功序列が崩壊したといわれるが、いまだに年齢階層別平均賃金では50代がピーク。しかし、リストラ、転職失敗、介護など、一度道を踏み外せば、いとも簡単に年収300万円以下へと転落する。バブル期に入社し、「恵まれていたクセに」と同情もされない悲しい世代の横顔は、明日の我が身だ。今まで語られることのなかったそんな転落50代のリアルから、社会人後半戦の教訓を学び取る。

転落する50代

期待の中堅も46歳でクビ 母親の介護に奔走する日々

▼繊維メーカー係長 年収600万円⇒家庭教師 年収50万円

 斉藤和孝さん(仮名・55歳)は、大学卒業後、繊維メーカーの開発部に就職し、ホープとして企業のパンフレットでも紹介されるほどだった。だが、’00年代に入ると会社の業績が悪化していく。

転落する50代

38歳の時、会社のパンフレットにホープとして笑顔で登場。「今後は働きながら博士号を取りたい」と希望を抱いていたが……

「確かに厳しかったみたいですね。でも、職場は相変わらず緩くて、『みんなで頑張ろう!』という空気にはならなかった。なんだかんだ、今まで通り働いていました」

 そのツケが回ってきたのがリーマンショック後。’08年に40歳以上の正社員を対象に数百人規模の退職勧奨が行われた。

「『君の仕事はない』『今、辞めないと退職金はどんどん減る』と言われて、やむなしです。身障者の父と認知症の母親の介護もあり、会社に迷惑を掛けていましたし」

次のページ 
社労士の資格もまったく役には立たない

1
2





おすすめ記事