雑学

“おじさんコーデ”が若者に流行中。リアル中年はマネしていいのか?

おじコーデ

おじコーデは、若者が遊びや外しとして“あえて”するからカッコいいもの。おじさんは手出し厳禁だ

若者に流行のおじコーデ、おじさんはマネするな!


 最近、若者の間で流行中だという“おじコーデ”。

「ダッドシューズ(厚底のぼってりしたスニーカー)やタックイン(シャツのすそをパンツに入れる)、ダブルジャケットなど、文字通りおじさん風のファッションのことです。きれいなスタイルにナード(ダサめ)な服を交ぜてバランスをとるわけですね」(ファッションバイヤー・MB氏)

 そう聞くと、「俺も昔の服で挑戦できそう!」と中年男性は思ってしまいがちだが……。

「おじコーデは、古着を着崩してもサマになる若者や、コーディネートセンスがある上級者でないと難しい。初心者は手を出さないのが無難です」(同)

 では、古着はこの先持っていても日の目を見ないのか。

「確かにファッションの流行は10年周期で繰り返されたりしますが、それはごく一部。統計では、90%以上の服は3年以内に飽きてしまい、着なくなるそうです。毎年どこかのタイミングで整理をして、着ない服は売るなり処分するなりしたほうが、おしゃれ感度は更新できますよ」(同)

写真提供/PLYWOOD CIRCUS
― 大激論[中年と服] ―





おすすめ記事