ニュース

神戸山口組の最高幹部“電撃辞任”の内幕 組織運営を放棄?

「組員を六代目山口組に戻す」

「宅見組には前任の若頭がいたのですが、分裂抗争に嫌気が差して堅気になってしまった。その後任になるはずだったのが、三代目杉本組の山田一組長です。  岡山県の津山市に本拠地を置く山田組長は元々、初代竹中組叩き上げの若い衆なんです。姫路事件では武勲をあげ、長期刑を努めた筋金入りの極道で、だからこそ山田組長は宅見組を離れることを決意し、六代目山口組で名称復活を遂げた古巣の竹中組へと戻ってしまった。これによって宅見組は山田組長を絶縁処分としました。  ところが、その山田組長が今度は同じ神戸山口組の“金庫番”だった池田組に復帰した。宅見組からすれば、自分の組織を絶縁になった者が、神戸の別組織の跡目候補になっている。しかも、山田組長が去った後も宅見組には四代目杉本組が作られているので、同じ岡山県に2つの杉本組があることになってしまっている。  本来なら許されない状況なんですが、なぜか入江さんは池田さんにもトップであるはずの井上組長にも一切抗議をしていない。井上組長も腫れものに触れたくないのか、何も言わない。いびつな状態がまかり通っている状況なんです」  本来ならば、山田組長を巡って衝突してもおかしくはない池田組と宅見組。だが、両組織の関係が悪化したという話は聞こえてこない。むしろ見え隠れするのは、神戸山口組から心が離れてしまっている者同士にある“共闘”の姿勢だ。  ある六代目山口組系組長もこう証言する。 「神戸として出てった連中の本音は、井上とはもう関わりたくないってことでしょう。『司親分と高山の若頭に対する畏敬の念は少しも緩んでません』『高山若頭が社会復帰したら、今の若頭に組を譲って六代目山口組に組員を戻します』宅見組の入江は複数の人間を通して、我々にこんなことを言ってきている。  池田が竹中組から山田さんを迎えたのだって、その後の事を苦慮して彼しかいないから、という話です。宅見、池田はわりと早い段階から冷めていましたが、ここにきて踏ん張ってた正木まで役職を降りた。これが今の神戸山口組なる組織の実態です」
入江禎組長

定例会を終えて帰路につく入江禎・二代目宅見組組長。神戸山口組では副組長というポジションにいる

次のページ 
引退を迫る音声ファイルも流出
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事