ニュース

リアルナンパアカデミー、性的暴行でまた逮捕者。スーパーフリーの手口とそっくり



時代錯誤な“オッサンナンパ師”たち


 そもそも昨今、ナンパなんてものを見かけなくなった。クラブでも「ナンパがウザいから行かない」という女性がいるぐらいだし、町でナンパしようものなら下手すりゃ警察が飛んでくる。その代わりといってはなんだが、相席居酒屋やナンパバーがオープンしている。

クラブ 冒頭にも記したが、今回の事件は、大阪ミナミのクラブでナンパをした女性を、マンションの一室に連れ込むという手口が報じられている。逮捕されたのはナンバー2の講師と、その場に同席していた37歳のタクシー運転手の2人。なんと、共にイイ歳したオッサンなのである。オッサンがクラブでナンパ。

 都内のクラブのVIP席でウン万円払ってナンパするならまだ分かる。マハラジャなど大人世代が集まるクラブに行くのもわかる。でもミナミのクラブって男性客もビックリするほど若いからね。ほとんどが大学生だから!!

 クラブ好きの筆者としては、こんな事件を起こす男達のせいでクラブが衰退してしまうのは非常にやるせない。クラブでナンパはともかく、ナンパアカデミーと名乗るくらいなら酒の力なんて使わず言葉だけで口説いてほしい。あと、ナンパの仕方って人から教わるものじゃなくない?

 どちらにせよ、組織的な力を借りないとできないスーパーフリー事件からまるで成長していない。同世代男が起こした事件の幼稚さと犯行の馬鹿さに、ほとほと呆れるばかりである。〈取材・文/カワノアユミ〉

東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2





おすすめ記事