雑学

与沢翼、資産70億と22kgダイエットを達成した「最速で結果を出す」発想法

 かつて「ネオヒルズ族」「秒速で1億円稼ぐ男」と世間からもてはやされたものの、’14年に法人税滞納で会社を清算し、文字どおり無一文になった与沢翼氏。まさに天国から地獄に転落し、世の中の誰もが「与沢翼は終わった」と確信し、“過去の人”となった。あれから5年――。“秒速の男”が地獄の底からカムバックし、5年ぶりとなる著書『ブチ抜く力』を発売し、話題を振りまいている。

与沢翼

子供と過ごす時間も大切にする与沢氏。家族ができて温和になったと話すが、かつての“与沢翼”のイメージはもうない

最短・最速で圧倒的な結果を出すために必要な「ブチ抜く力」とは?


 投資、ビジネス、ダイエットとあらゆるジャンルでブチ抜いた結果を残し続けている与沢氏。ブチ抜くためには、「最短・最速」「期限を決めること」をポイントに挙げる。

「例えば『1年で資産を1億円にした人』と『1か月で資産を1億円にした人』なら、どちらの話を聞きたいと思いますか。間違いなく後者ですよね。最短・最速で結果を出すと一目置かれる人になり、ブチ抜いた存在になれるのです」

 多くの人は「大きな目標は時間をかけてコツコツやらないと達成できない」と思っているかもしれないが、「実はまったくの逆」と与沢氏は指摘する。

「長期的な目標は負荷が小さい代わりに、とても道のりが長いため、実現するには卓越した自己管理能力と継続力、強い意志の力が必要になります。そのため、ほとんどの人は途中で挫折してしまう。逆に、短期間だからこそ人は集中できるというのがあります」

 与沢氏もダイエットでは、1年で10㎏ではなく、1か月で10㎏痩せると目標を設定。結果、’18年夏に、65日間で91.2㎏から69㎏まで、22㎏の減量に成功した。体脂肪率も21%をキープ。今年はさらに10㎏の減量を目指すという。

与沢翼

減量前

「時間的なリミットを決めることも非常に大事で、いつまでも続くと思うときついですが、一生続くわけではなく短期間なら割と地獄も耐えられるものです」

 そして、集中力が続く短期間に「一つのことに魂を売った」と思えるほどストイックに行動すると、突き抜けた存在になれると話す。現状を少しでも変えたい人は、与沢流の成功法則が参考になるところがありそうだ。

与沢翼

減量後

【与沢 翼】
実業家・投資家。’13年に山手線の電車広告をジャックし、「秒速1億円の男」として一躍注目を浴びる。現在は世界各地に計40戸の高級不動産を所有、純資産70億円超を無借金で形成。ドバイやタイ、マレーシア、シンガポールなどを行き来しながら暮らしている。近著『ブチ抜く力

取材・文/SA編集室 横山 薫(小誌) 撮影/矢郷 桃 山田耕司

ブチ抜く力

あの“秒速の男"が地獄の底からカムバック。与沢翼、集大成の1冊が完成!


告白 秒速で転落した真実

緊急出版!衝撃の破産宣言のすべて





おすすめ記事