マネー

“秒速1億男”与沢翼が“大ヒット連発”箕輪厚介と激論! 成功法則「ブチ抜く力」とは何か?

「個」で生きる時代、会社員に求められる力は?


 かつて「ネオヒルズ族」「秒速で1億円稼ぐ男」と世間からもてはやされたものの、’14年に法人税滞納で会社を清算し、文字どおり無一文になった与沢翼氏。まさに天国から地獄に転落し、世の中の誰もが「与沢翼は終わった」と確信し、“過去の人”となった。

激論!与沢翼×箕輪厚介 成功法則[ブチ抜く力]とは何か? あれから5年――。地獄の底を見た与沢氏が、圧倒的な結果を出してカムバックしていた。現在はドバイやバンコク、クアラルンプール、シンガポールなどを拠点にし、投資家・実業家として純資産70億円超を持つまでに復活。’18年までの実績でいうと、ビジネスで月収は1億円、仮想通貨での投資では、リップルに1億3500万円を投じ、3か月で含み益は最大27億円となり、14億円の利益を確定した。株式投資でも、SBIホールディングスやリミックスポイント、その他銘柄を通じて1億円を5億円にした。また、世界各地に40戸、総額45億円の超高級マンションを現金一括で購入し、今後は貸し出したり売却を進めていく予定だという。

 さらには、ポッチャリとした体形が印象的だった与沢氏だが、2か月で22㎏の減量を経て筋肉質な体形へと見た目も一変した。投資、ビジネス、ダイエットとあらゆるジャンルで圧倒的な結果を出し続けている与沢氏の成功法則をまとめた『ブチ抜く力』が3月に発売されてから毎週重版がかかり、1か月で5刷、6万6000部と話題になっている。

 かつて与沢氏の雑誌『ネオヒルズジャパン』を担当し、その後も錚々たる著名人の大ヒット作を連発する幻冬舎・編集者の箕輪厚介氏を迎え、「個」で稼ぐ時代に求められるものは何か、どう生きればいいのか、激論を交わした。

激論!与沢翼×箕輪厚介 成功法則[ブチ抜く力]とは何か?


――与沢さんも箕輪さんも「個人」でありながら圧倒的な結果を出し、活躍されていますよね。

箕輪:何か一つ突き抜けないと、いろいろやってもまったくシナジーを生まないんですよね。僕の場合は日本でトップクラスに本を売っているという実績があるから全部掛け算になっている。日々の仕事でもみんなは70点くらいしかやらないけど、実は120点くらいまで突き抜けると、その努力はそんなに大したことがないのに、まったく世界が変わるんです。でも、99%の人はそこまでやらない。与沢さんはその“リミッター”を外す能力が圧倒的に高いなと感じていましたね。

与沢:確かに私は「広く浅く」というのがとにかく嫌いで。適当にやるくらいだったら、やらないほうがマシと考えています。

箕輪:『多動力』(著・堀江貴文)という本を編集した僕から見ると、与沢さんは昔から“一点突破の人”でしたよね。

与沢:私は多動力っていう生き方は好きなんですよ。今の時代にふさわしいスピードを感じて。多動することは自分に向いていることを見つけるための手段であって、自分の道が見つかってないときは種を蒔くのは重要だと思います。私はこれまで会社を経営していましたが、二度やって自分は経営者に向いてないことがわかった。それが大切なんですよ。減量のときも、「短期間での急激なダイエットは健康によくない」「非常に危険だ」など、たくさん言われましたよ。でも私はすべて無視しました。自分で決めて、最後まで一点集中でやり抜くことが大事なんですよ。

箕輪:よく「PDCAを回す」というけど、「仮説が正しいか」というのはブレやすいところ。だけど与沢さんが違うなと思ったのは、それが真実かどうかはおいておいて「これでいくんだ!」と決めてやり切るところですね。

与沢:そう、すごい頑固なんですよ(笑)。

箕輪:うまくいくかいかないかより、「自分のルールで生きる」ことを大切にしている感じが昔からあったなあ。そう生きなければ自分じゃない、と。

次のページ 
自分一人で稼ぐ力を身につける

1
2
3
ブチ抜く力

あの“秒速の男"が地獄の底からカムバック。与沢翼、集大成の1冊が完成!


告白 秒速で転落した真実

緊急出版!衝撃の破産宣言のすべて


週刊SPA!4/16 号(4/9発売)

表紙の人/ HKT48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事