エンタメ

本田翼に波瑠に…鶴瓶の隣は出世街道? 『A-Studio』サブMCからブレイクした女たち

波瑠(2014年卒業):サブMC卒業翌年に朝ドラヒロイン!


 ヒロインの白岡あさ役を演じたNHK連続テレビ小説『あさが来た』の大ヒットをきっかけに、一躍トップ女優の座を獲得した波留。女優としてのイメージが強い彼女だが、キャリアのスタートは本田翼と同じく、雑誌『SEVENTEEN』の専属モデル(2007年~)であった。  長年の下積み時代を経ていた彼女だが、2014年の『A-Studio』サブMC卒業の翌年に、『あさが来た』のヒロイン役に抜擢されているのだから驚きだ。

早見あかり(2016年卒業):ももクロ卒業から女優として飛躍!

Twenteen

2018年7月には一般男性との結婚を発表。結婚後も活動は変わらず続けていくとのことで、ホッと胸をなでおろしたファンも多かったことだろう(画像は早見あかり写真集「Twenteen」表紙より)

 次に挙げたいのは、2年半ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)として活動し、同グループを2011年4月に脱退した女優・早見あかり。  アイドル卒業後は映画『百瀬、こっちを向いて。』で主演を務めたほか、NHK連続テレビ小説『マッサン』に出演するなど、女優業に専念していた彼女。2015年、『A-Studio』のサブMCに抜擢された後は、同年6月開始のドラマ『ラーメン大好き小泉さん』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を果たすなど、活動は順調に進んでいったようだ。

川栄李奈(2019年卒業):いまやAKB卒業勢で一番の勝ち組!?



 川栄李奈は国民的アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。2015年に同グループを卒業しているが、活動初期は選抜総選挙での人気も高いとは言えず、目立たない存在だった。お茶の間での知名度を上げたきっかけは、2013年放送『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系)の人気コーナー「国立め茶の水女子大学付属第48高等学校期末テスト(第13回)」で、おバカ回答を連発して成績最下位「センターバカ」になったことだろう。  そんな川栄、AKB在籍時から女優としての演技力が評判だったが、最近だけでも大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)のほか、『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京系)に出演。  女優としての才能をより一層開花させている彼女は、2019年3月に『A-Studio』サブMCを卒業したばかりだ。  ――『A-Studio』のサブMCだった彼女たちの活躍を見ると、そのサブMC時代がそれそれの活動の中で、重要なターニングポイントになっているというケースが多いように思う。この度、新サブMCに就任した上白石萌歌のこれからにも、期待して注目したいところだ。<文/A4studio>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事