エンタメ

田口淳之介&小嶺麗奈容疑者 薬物カップルの性事情

カップルで薬物を使用し逮捕された事件

●2009年1月 グラビアタレントとして人気を博していたタレントの小向美奈子さんが、交際相手の男の自宅で微量の覚せい剤を共同で所持した疑いで逮捕された。尿検査の結果、陽性反応が出たため使用容疑でも追送検された。裁判で小向被告(当時)は「付き合っていた男性に強要された。断ると暴力を振るわれた」と涙ながらに語ったが、懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を言い渡された ●2009年8月 元俳優の押尾学さんが知人から借りていたとされる六本木ヒルズの一室において、銀座でホステスをしていた女性が死亡しているとの通報を受け事件が発覚。女性は押尾さんと合成麻薬MDMAを服用しながら性交後に死亡したとして、押尾さんが麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。麻薬取締法違反(自己使用)については懲役1年6か月・執行猶予5年の判決が下されたが、その後、女性を死なせた「保護責任者遺棄致死罪」でも逮捕、起訴。最高裁まで争った結果、「保護責任者遺棄罪」で懲役2年6か月の実刑判決が確定した ●2009年8月 女優の酒井法子さんの夫が渋谷区の路上に止めてあった車のなかに覚せい剤を隠し持っていたとして現行犯逮捕される。酒井さんは警察から任意出頭を求められるも拒否。一時、逃亡を企てたが、後に酒井さん自らが出頭し逮捕された。自宅からは覚せい剤や合成麻薬MDMAとみられる粉末や錠剤が発見され、使用と所持で懲役3年・執行猶予4年の有罪判決が言い渡された ●2016年6月 元俳優の高知東生さんが、横浜市内のラブホテルで同伴女性と共に覚せい剤と大麻を所持していたとして逮捕された。裁判の結果、懲役2年・執行猶予4年の判決を受ける

田口容疑者の「不敵な笑み」は何を意味しているのか?

 麻取が田口淳之介容疑者の自宅に踏み込んだ際、本人は隠すそぶりを見せなかったという。勾留先への移送時に見せた「不敵な笑み」も話題となったが、田口容疑者自身、以前からこうなることを覚悟していたような雰囲気さえ漂わせていた。大麻所持の検挙者数は’13年時点で1555人だったが、昨年、過去最多の3578人と倍増している 取材・文/週刊SPA!編集部、写真/時事通信社 ※週刊SPA!5/28発売号「今週の顔」より
1
2
3
週刊SPA!6/4号(5/28発売)

表紙の人/ 吉岡里帆

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事