仕事

40代転職で選びたい勝ち組業界・入ると大変な苦境業界

 昨今ささやかれていた転職市場における「40歳限界説」が崩壊してきた。人材不足の波は40歳以上に追い風となっているという。そんな令和時代に、40代が(できることなら)選ぶべき勝ち組業界と、入ったあとが大変な苦境業界を紹介する。

転職で選ぶべき勝ち組業界

転職

※写真はイメージです

 まずは40代が選ぶべき転職勝ち組業界6選。これまで1000人以上の転職を手がけた小林毅氏に選んでもらった。 ●外資系薬品メーカー 超高齢化社会の到来により、ニーズは高まる一方。「外資系薬品メーカーのアジア拠点は日本に置かれることも多い。外資系ならスキルを重視してくれるので、社内秩序を重視する国内メーカーよりも働きやすいでしょう」(小林氏) ●ウェブメディア・ウェブ広告 新聞や出版といった紙媒体が没落するなか、ウェブメディアは堅調に伸び続け、ウェブ広告の規模は約1兆8000億円とテレビに肉薄。会社の平均年齢が若いことが多く、40代では財務などの専門的なスキルを持っていれば歓迎されやすい ●ロボット産業 産業用ロボットの国内の市場規模は’35年には約10兆円に達するとみられており、成長分野としては最注目。「開発分野などでの理系職のリーダーは稀有な存在なので需要があります」(小林氏)。スキル一本だけでも勝負しやすい ●シェアビジネス&サブスクリプション 両者とも隆盛するビジネスだが、歴史が浅い企業がほとんどだ。「中高年の転職者にはチームのマネジメントや、専門的な財務スキルなどが求められています。新しいことに挑戦したい人には向いていますね」(小林氏) ●プログラミング 5G回線やAI、ロボット、自動運転などの時代が到来するとみられているが、これらはすべてにプログラミング技術が関係している。需要は今後さらに拡大していくとみられ、死ぬまで食える職種として有望視。今からでも遅くない ●人材紹介 解雇規制の緩和を進める声が高まっており、今後はさらに転職市場は活発化するとみられている。「今後増加する中高年の転職希望者と同じ目線で話ができることが40代の強み。『若い人に話を聞かれたくない』人もいますから(小林氏)
次のページ 
入ってはいけない負け組業界
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事