お金

親の遺品整理、悪徳業者に騙されるな。高値で売れる意外なモノは?

 また、趣味に関するアイテムも見極めるのは難しいが、高額になりえるのだとか。 「例えば釣り竿です。一見すると、ボロボロに見えるものが、実は貴重な竹を使っていて、5万~6万円で売れることもあります。オーディオ機器は基本的には新しいほうがいいのですが、レコードプレーヤーとスピーカーは同年代のものを組み合わせたほうが音質的にいいので、古いものを探すマニアもいます」  では、最後に一番高値で売れる可能性のある遺品は? 「刀剣です。黙って持っていると銃刀法違反になるので注意が必要ですが、証明紙がついていて、作者の名前が彫られたものは価値が高く、一本100万円になることもあります」  親が亡くなってからの無駄な作業を減らすためにも、大まかな価値を把握しておこう。 <新しいほうが高く売れるもの> 液晶テレビ……相場最高額約5万円  製造5年以内であれば大きく価値が落ちることはない ブランド財布……相場最高額約10万円  新しい製品は流通が早いので高額になりやすい 貴金属……相場最高額約10万円  古くても高額になりやすいのは18金や24金だけ 携帯電話……相場最高額約3万円  スマホはSIMフリーのもの。ガラケーは高齢者に人気 <意外と高く売れるもの> 国産ウイスキー……相場最高額約3万円  完全終売のものは海外でさらに高く売れるケースも レコードプレーヤー……相場最高額約3万円  アナログ人気が沸騰しているので今後はテープにも注目 限定ブランド衣服……相場最高額約5万円  傷んでしまうので限定品や製造期間が短いものに限る 日本刀……相場最高額約100万円  証明紙があり、製造者の名前が彫ってあると高値に 【木村榮治氏】 遺品整理士。一般社団法人遺品整理士認定協会理事長。同協会設立後、現在までに約2万8000人の遺品整理士を誕生させてきた。著書に『遺品整理士という仕事』(平凡社) ― 老親のお金を守れ! ―
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠