恋愛・結婚

一夜限りの性体験があるか?181人の若者を調査した結果は…

睾丸が大きい男性は浮気がちなタイプが多い

不倫 さらに不倫気質の強弱に関わるのが睾丸の大小だ。 「これもベイカーらの研究ですが、睾丸が大きい男性は浮気がちなタイプが多かったといいます。さらに、別の研究で睾丸とイクメン男性との関係を調べたところ、睾丸の小さいタイプはイクメン傾向に。彼らはテストステロンのレベルは低いが、我が子の写真を見ると脳の報酬系が興奮することがわかりました」  狩猟採集の時代から、現代まで遺伝子レベルで大きな変化はなく、竹内氏は「人間には不倫も立派な繁殖戦略の一つ」と力説する。  ヒトは、そもそも不倫に抗えない生き物なのである。

<生物学のまとめ>

・「アリル334」という遺伝子が不倫に関係 ・不倫型と真面目型の割合は約5:5 ・そもそもヒトの体は不倫を想定したつくり

<7R+配列のアリル保持者と非保持者の浮気率の比較>

●一夜限りの性経験がある 保持者 45%/非保持者 24% ●浮気をしたことがある 保持者 50%/非保持者 22%

<動物別睾丸の大きさとペニスの形状の比較>

●ヒト 睾丸の大きさ 約50g/キノコ形 ヒトの睾丸は約50gで、全体重に対する割合が、0.08%。このサイズ感は一夫一妻制にも乱婚にも向いていない。ペニスの形状も含め、浮気をすることを想定した構造になっている ●チンパンジー 睾丸の大きさ 約120g/棒状 発情期になるとあたり構わず乱交状態になるチンパンジーは、精子の数で他のオスを上回る必要があるため、睾丸のサイズは約120gと大きい。そしてペニスも約8㎝と長くなっている ●ゴリラ 睾丸の大きさ 約30g/棒状 闘いに勝ったオスがメスを独占していくゴリラには、精子間の争いがなく、体格に比して睾丸のサイズ(約30g)もペニスのサイズ(約2.5㎝)も小さめ。負けると横取りはできない 【動物行動学研究家・竹内久美子氏】 動物の生態や遺伝子に精通。エッセイストとしても活躍。著書に『フレディ・マーキュリーの恋 ――性と心のパラドックス』(文藝春秋)など <取材・文/週刊SPA!編集部> ― 男も女も、なぜ不倫するのか ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事