ライフ

初対面の女性に「◯◯ちゃん」はもはやセクハラ。オジサンがやりがちなNG言動

 社会的強者であると同時に、裏では「使えない」「老害」「時代遅れ」「臭いし汚い」などと言われ放題なオジサン。オジサンはなぜ嫌われるのか? 現代版のイケてるオジサンになる方法とは!?

イケてるオジサンは二杯目以降はセルフ

女性に我慢をさせない“脱オジサン力”の磨き方

 今回は女性に対して、イケてるオジサンを考察していきたい。 「ウチは50代のスタッフまでいる落ち着いたバトラーズ(執事)クラブ。なので、女性がオジサンに何を求めているかよくわかります」 と話すのは、新宿歌舞伎町のバトラーズクラブ「ADEOS」の店長の桜井真琴氏(46歳)。ホストというとオラオラのイメージが強いが、女性がオジサンホストに求めるのは、オラついたオレについてこいタイプではなく、物腰の柔らかい紳士タイプ。ホストの世界のみならず、これらは一般社会のオジサンにも通底するという。 「名前の呼び方ひとつとっても注意が必要。親しみを込めたつもりで、初対面からいきなり下の名前で女性を呼ぶ人がいますが、オジサンがすると必要以上にオラついているように見えますし、仕事相手であれば完全にセクハラです」  自分が年配男性であることを忘れ、距離感を間違えてしまうオジサンは意外に多い。仕事であれば親しくなったとしても名字にさんづけが基本だし、仕事以外でも最初は名字+さんから入って、親しくなりたい場合は「何て呼んだらいいですか?」「よかったら○○ちゃんって呼んでいい?」など相手の意向を確認しながら、距離を縮めることが大切だという。  まさに現代において、オジサンが女性に対して重要視すべきは、この距離感。酒席においては、もっと慎重な対応が求められる。 「飲み会でのお酌強要は当然嫌われますし、最近はそこまであからさまなことをするオジサンは少ないですが、明確に強要されなくても気を使って注いでくれる女性も多いです。オジサンが気を使って『オレは自分で注ぐから』と断るとかえって冷たく見えてしまう場合も。そんな女性のために『じゃあ悪いけど、最初の一杯だけ注いでもらってもいいかな? あとはお互いセルフで!』と言って注いでもらった後に返盃すれば、女性としても『1杯目は注いだ』という義理も果たせ、気を使わずに済みます」
次のページ 
オジサンたちがやりがちなNG言動
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事