エンタメ

AVで妻を寝取られる役“ネトラレ俳優”の意外なこだわり「NGにしているのは…」

 妻や彼女を寝取られる役で、これまで推定500本ものAVに出演。不倫モノを中心に、現在は“日本一のネトラレ俳優”との呼び声も高い松本洋一さん(41歳)。しかし、彼はAV男優ではなく俳優なのである。
松本洋一

日本一のネトラレ俳優と呼ばれる松本洋一さん(41歳)

 不倫モノなどAV作品において、主役が女優であることは言うまでもない。そして、その相手役となるAV男優。基本的に“絡み”のないネトラレ役は、脇役でもある。  とはいえ、目の肥えたファンの多い不倫モノでは、情事に至るまでのストーリーが重要視される。そのため、ネトラレ役には確かな演技力が求められるのだ。そんなネトラレ役として今注目の松本さんだが、画面の裏では意外なこだわりと知られざる努力があった! 【過去記事】⇒“妻を寝取られる夫”を演じて500本。日本一のネトラレ俳優・松本洋一が「俳優なのにAV出演」を続けるワケ

ネトラレ俳優の意外なこだわりと知られざる努力

松本洋一 現在41歳、高校を中退してから俳優を目指した松本さん。芸歴としては20年を超える。約2年前、現在の事務所の設立に合わせて所属するようになったが、それまではずっとフリーで俳優業をやってきた。そもそも事務所に所属せず、一体どうやって芝居の仕事を取ってきたのだろうか。全く想像がつかない。 「エキストラでも裏方でも現場に入れば監督さんや制作スタッフさんと知り合えるじゃないですか。だから結構、直接オーディションの話や仕事を振ってもらえることもあって。Vシネなどで現場のお手伝いをした代わりに役をいただくこともありました。  実際、現場で派生する仕事が多かったので、フリーだからと言ってあんまり不便もなかったです。最近も某有名映画の美術装飾スタッフとしてエンドロールに名前がクレジットされてますからね」
次のページ 
ネトラレ俳優としてのこだわり
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事