デジタル

最大25%のポイント還元も? 国主導のキャッシュレス決済制度「マイナポイント」とは

ポイント上限や有効期限は?

 ただ、この記事を執筆している10月上旬の時点では仕組みについて未確定な部分が多い。冒頭で「2万円をキャッシュレス決済にチャージすれば最大25%、即ち5000円分のポイントが付与される」と書いてしまったが、これはあくまでもひとつの想定として出た話。  マイナポイントの公式サイトにあるQ&Aを見てみると、「ポイントの購入条件、購入対象者、プレミアム率、ポイントの利用環境や使途、有効期限等、具体的な内容は現在検討中です」とあった。
マイナポイント

画像は、マイナポイント公式サイトより

 付与されるポイントの上限や有効期限等もまだ決まっていない。総務省は来年の実施を目指しているが、今の段階ではマイナポイントは「検討段階」と判断するべきだろう。

「マイキーID窓口」を設置する自治体も

 ちなみに上記のマイキーID作成についてだが、これは自治体によっては特設窓口を設置している。ひとつ例を挙げれば、神奈川県平塚市。今年9月2日から来年3月31日まで、マイキーID設定のための臨時窓口を平塚市役所内に設ける。このような措置を実行する自治体は、今後増えていくだろう。  また、マイキーID設定に必要なICカードリーダーであるが、これはNFC機能のあるAndroid OSのスマートフォンで代用することも可能。この場合はGoogle Playから専用アプリをダウンロードする必要がある。iPhone向けのアプリは準備中とのこと。<文/澤田真一>ノンフィクション作家、Webライター。1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジー、ガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログ『たまには澤田もエンターテイナー
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事