ライフ

3XLとXOはどちらが大きい? 知られざる「デブ用服のサイズがややこしい問題」

 こんにちは。デブの楽園を作るべく、日夜デブのファッション&ライフスタイル情報を配信しているウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。  先日、私がお付き合いしている大阪に本拠地を構える【細身の奴らが嫉妬する】大きいサイズのメンズ服専門オンラインショップ 「QZILLA by Mr.Bliss」の社長を務めるマイコーさんに取材をしたところ、「ビックサイズのサイズ表記がややこしい問題」というデブには必見な話題になり、参考になるお話を聞けたのでご紹介します。

「QZILLA by Mr.Bliss」マイコー社長

「私(倉科)が運営する『Mr.Babe』の読者モデルの方や、デブ限定の会員制コミュニティサロンのメンバーの方は、体型がわがままボディなので通販で洋服を買うことが多いのです。ただし、サイズ表記を見て買うのですが、届いてみるとサイズ感が思っていたのと違い、返品することが多いとのこと。実は私自身、サイズが合わず、返品を諦めてパジャマにしたりすることが多いんですよね…」  そうマイコー社長に悩みを打ち明けたところ…… 「服のサイズはブランドやメーカー、国によって表記もサイズ感もまったく違うんですよ。正直、服を売るブランド側も製造メーカーによってサイズ感が違うので、とても困ってるんです。だからご購入いただくお客さまもきっとお困りでしょうね」 とのこと。特に大きいサイズに関しては表記の種類が多岐にわたっているそうなのです。

「大きいサイズの表記」はややこしすぎる!

 さらにに詳しく話を聞いてみると、あまりにも複雑な表記の全容がわかってきました。  レギュラーサイズもブランドによってサイズ感は異なりますが、基本的にはマクドナルドのコーラのごとく「S・M・L」だけなのでまだわかりやすい。  Lサイズより上の大きいサイズとなると、「XL」とか「2L」サイズが頭に浮かぶかと思います。しかし、Lサイズよりひとつ上のサイズ表記だけでも「LL」「2L」「XL」の3種類があります。ちなみに「XL」は「EXTRA LARGE(エクストララージ)」の略です。  シンプルな方程式にすると「LL=2L=XL」ということになるため、そこからサイズアップしていくと…… LL=2L=XL ↓ 3L=XXL ↓ 4L=XXXL ↓ 5L=XXXXL  さらにややこしいことに「X」の数を数字で表すケースもあります。 3L=XXL=2XL ↓ 4L=XXXL=3XL ↓ 5L=XXXXL=4XL  まだ終わりません。  スポーツウェアでよく使われているのが、「2XO」「3XO」などのサイズ表記です。「O」は一文字だけで「OVER LARGE(オーバーラージ)」の略で、「O」だけで「L」より大きいという意味合いになるらしく、要するに「O=LL」。すなわち…… 2L=XL=O ↓ 3L=XXL=2XL=XO ↓ 4L=XXXL=3XL=2XO ↓ 5L=XXXXL=4XL=3XO  ここまでくると数学の方程式を勉強している感覚です。
次のページ 
複雑な表記になっている理由
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事