ライフ

心に響くデブ偉人たちの名言4選「空腹は私たちの情熱を指揮する指揮棒だ」

 こんにちは。デブの楽園を作るべく、日夜デブのファッション&ライフスタイル情報を配信しているウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。 西郷隆盛 デブ諸氏の皆さん、「西郷どん」はもちろんご存知ですよね? 明治維新の英傑である西郷隆盛は、日本史の中でも屈指のデブ偉人でもあります。  そして、世界の歴史上にも数えきれないほど大柄な著名人がいましたが、彼らはいかに生き、いかに立身出世していったのでしょう。  今回は世界の巨漢系偉人たちの名言からデブならではの処世術をご紹介しましょう。 ●心に響くデブ名言1

「自分の身に降りかかってこない限り、何が起ころうとまったく意に介さない人が大勢いる」

ウイリアム・タフト(第27代アメリカ合衆国大統領・1857-1930)  アメリカ合衆国で陸軍長官、大統領、最高裁判所長官などを歴任したウイリアム・タフトは、歴代大統領のなかでも最大の巨漢で体重は140kg以上あったとされます。  そのサイズ感はホワイトハウスのバスタブにハマって動けなくなり、大統領の体に合わせて風呂を改装したほど。  MLBで始球式をした初の大統領ですが、これは運動不足を心配した側近が進言したからと言われています。このように数々のおデブちゃんエピソードを持つ人物ですが、その人柄は高潔であり、とても仕事ができたようです。  実は本人としては政治家より裁判官などをやりたかったようですが、奥さんやルーズヴェルト前大統領から「やってくれ」と頼まれたからやることになったエピソードもあるそう。まさか自分が大統領をやると思ってもみなかったことが、この名言が生まれた背景になっている気がしますね。  自国とは関係ない世界の裏側で起きている事象でも、まるで我がことのように考え、行動していたタフトにとってみれば、私利私欲を追い求める人々にはさぞ幻滅したことでしょう。  バスタブにハマるという、普通考えつかないハプニングを引き起こしたことも彼の思想の背景にあるかもしれません。もしかすると、ガリガリも太っちょも互いに尊敬しあえる共生社会をタフトは作りたかったのかもしれませんね。 ●心に響くデブ名言2

「ドラマとは、退屈な部分がカットされた人生である」

アルフレッド・ヒッチコック(イギリスの映画監督・1899-1980) 『北北西に進路を取れ』『サイコ』など、傑作サスペンス映画を数多く撮った伝説的監督であるヒッチコック。自らの作品にカメオ出演していることで知られていますが、その体型はずんぐりとしたあんこ型でポチャメン的にはどこか親しみがいのある巨匠なのです。  才気溢れるキレッキレの演出で数々の傑作映画を残した彼については、残された写真やイメージからどこかユーモラスな印象を持っている人も多いと思います。  しかし、そのプライベートはサンフランシスコの自宅に引きこもる、どちらかというと人付き合いが苦手なタイプだったといわれています。  表に出たくないタイプのはずが、金銭的事情から仕方なく監督自らカメオ出演していたことで、図らずもデブキャラとして有名になってしまったのはなんとも皮肉な結果ですね。  社交的ではなく、自宅に引きこもり気味だったヒッチコックにとって、人生最高の喜びは映画を撮ることではなかったでしょうか。もし引っ込み思案で表に出るのが苦手なポチャメンさんがいたら、自分が一番好きな没頭できることを仕事にしてみてはいかがでしょう?  人生の大半を覆う退屈な時間をカットし、最高に楽しくエキサイティングなドラマを作り出したヒッチコックを参考にするのもありだと思いますよ。
次のページ 
「空腹は私たちの情熱を指揮する指揮棒だ」
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事